アークザラッドジェネレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アークザラッドジェネレーション
ジャンル アクションRPG(オンライン対応)
対応機種 PlayStation 2
開発元 キャトルコール
運営元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
人数 オフライン:1人
オンライン:1~8人
メディア DVD-ROM
運営開始日 2004年11月3日
終了日:2005年6月30日
対象年齢 CERO:A
デバイス マルチタップ、PlayStation BB Unit(SCPH-50000以前のPS2のみ)(いずれもオンライン時に使用)
テンプレートを表示

アークザラッドジェネレーション』(Arc The Lad GENERATION)は、キャトルコール制作のPlayStation 2用ゲームソフト。「アークザラッド」シリーズの第6弾。オンライン対応であり、これまでのシリーズ作品と違ってジャンルはアクションRPGとなっている。2004年11月3日ネットワーク接続機能標準装備の新型PlayStation 2と同時にSCEから発売された。

概要[編集]

前作『精霊の黄昏』より5年後の世界が舞台。主に過去シリーズの追体験をメインにストーリーが展開される。そのため過去作品からのグラフィック・音楽の流用が多い。

システム[編集]

今までのアークシリーズとは違い、アクションゲームになっている(レベルや経験値の概念がない)。

コンバート[編集]

メモリーカード内に『精霊の黄昏』のクリアデータがあれば、ゲーム開始時に「リリア」のカードを入手出来る。

カード[編集]

各種カードにより、主人公を強化することが出来る。また、キャラクターカードを使えば過去のシリーズに出演したキャラを召喚することが出来る。使用出来るのはオンライン、ギルドの依頼とメインストーリーとは関係の無いケースのみ。

その他[編集]

  • ギルドシステムの復活。依頼を受けることによりストーリーが進む。
  • 前作とは違い、シナリオ時にキャラクターが喋ることは無くなった。
  • 1つのソフトでオフラインゲームとオンラインゲームが楽しめる。オンラインサービスは2005年6月30日をもって終了した。

接続不具合[編集]

環境によって接続できないユーザーも多く[1]、サービス開始直後にも関わらず過疎状態が続いた。結局原因は解明されないまま[2]、2005年6月30日にオンラインサービスは終了した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]