アヴィレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Passcaや専用カードでタッチしてレンタル可能
ステーション

アヴィレ富山県富山市で運用・利用されている登録制貸出自転車富山駅や西町など中心市街地にステーションが設置されている。運営は、屋外広告を手掛けるフランス資本の企業JCDecaux(ジェーシードゥコー)の子会社であるシクロシティが行なっている。シクロシティがヨーロッパ以外にコミュニティサイクルシステムを導入した初の事例となった[1]

特徴[編集]

  • 自動無人管理で、24時間の貸し出し・返却が可能。(なお利用には事前の登録が必要である)
  • どのステーションからも借りられ、どのステーションにも返却する事が出来る。
  • 使用される自転車は、シクロシティ専用に設計され、高い耐久性、盗難、悪戯防止対策が施されている。
  • iPhone/Android用無料アプリ「AllBikesNow」でステーションの位置、使用可能な自転車、駐輪可能な空きラックを閲覧できる。
  • 同様のシステムとして、フランスパリ市コミュニティサイクルヴェリブ」がある。

ステーション[編集]

自転車を貸し出し・返却する場所は、中心市街地に23箇所設置されている[2]。(2018年3月31日現在)

料金[編集]

  • 料金体系は、基本料+利用料 
  • 利用料 0~30分は無料、31~60分は200円、61分以降は30分毎に500円。
  • 基本料 1日パス:300円+デポジット700円(レンタル用ICカード返却時に返金)、2日パス:500円、7日パス:1000円、定期パス:年額6000円/月額500円(パスカ/えこまいか利用者)、年額8400円/月額700円(シクロシティ専用ICカード利用者)。
  • 1日パスは現金支払い。市内各所のホテル、駐車場等の提携施設[3]で登録。2日パス、7日パスはシクロシティwebサイトにて登録、クレジットカード決済。定期パスはクレジットカード決済/口座振替が選択可能。
  • 定期パスは1年契約縛りがあり、利用期間が12ヶ月に満たない解約の場合は解約料が発生する。(例:10ヶ月利用時に解約した場合、残り2ヶ月分の基本料金が解約料となる。)1年間の利用後はいつでも解約可能。
  • 富山ライトレール富山地方鉄道のIC乗車カード、「Passca(パスカ)」と「Ecomyca(えこまいか)」が使用できる[4]

歴史[編集]

  • 2010年平成22年)3月20日 - 運用開始。
  • 2011年(平成23年)3月20日 - 「1日パス」・「2日パス」・「団体割引」を開始[5]
  • 2014年(平成26年)3月30日 - ステーションを2ヶ所所増設し、全17か所になった[6]
  • 2015年(平成27年)3月14日 - ステーションを1ヶ所増設し、全18か所になった[7]
  • 2015年(平成27年)12月12日 - ステーションを1ヶ所増設し、全19か所になった[8]
  • 2016年(平成28年)3月30日 - ステーションを1ヶ所所増設し、全20か所になった[9]
  • 2018年(平成30年)3月31日 - ステーションを3ヶ所増設し、全23か所になった[10]

名称[編集]

「アベイユ(abeille、ミツバチ)」と「ヴィル(ville、街)」を掛け合わせた造語で、公募により総数233点から選ばれた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ついに日本上陸!!ヴェリブ型レンタサイクルは革命を起こすか? 前編
  2. ^ ステーションの設置場所
  3. ^ 1日パス取扱施設
  4. ^ 富山市ふるさとメール第519号 2014年3月14日発行
  5. ^ アヴィレ(自転車市民共同利用システム)の新サービス等について(PDF)
  6. ^ レンタルステーション増設のお知らせ
  7. ^ 3月14日 五福地区に新しいステーションができます
  8. ^ 12月12日 19番「南口駅前広場ステーション」がオープンです!
  9. ^ 20番「水墨美術館ステーション」がオープンです!
  10. ^ 五福・呉羽地区 新ステーションのお知らせ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]