アンドレイ・ウラソフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンドレイ・アンドレーエヴィッチ・ウラソフ
Андрей Андреевич Власов
Bundesarchiv Bild 146-1984-101-29, Andrej Wlassow.jpg
生誕 1900年9月14日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国 ニジニ・ノヴゴロド県
死没 (1946-08-01) 1946年8月1日(満45歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 モスクワ
所属組織 赤軍
ドイツ国防軍
ロシア解放軍
軍歴 1919年 - 1942年(赤軍)
1943年(ドイツ国防軍)
1944年 - 1945年(ロシア解放軍)
最終階級 中将
除隊後 絞首刑
テンプレートを表示

アンドレイ・アンドレーエヴィッチ・ウラソフヴラソフロシア語: Андрей Андреевич ВласовAndrei Andreyevich Vlasov1900年9月14日 - 1946年8月1日)は、ソ連の軍人。中将。独ソ戦のさなかに投降して対独協力者になりロシア解放軍総司令官となった。

生涯[編集]

ニジニ・ノヴゴロド近辺の農村で仕立て屋の8番目の息子として生まれ、神学校在学中にロシア革命が勃発すると一兵卒として赤軍に従軍する。ウクライナとクリミアで白軍デニーキン将軍たちと戦い狙撃兵第二連隊長になった。1933年に女医と結婚。3年後、第72師団参謀長となるが、1936年からの大粛清で多くの同僚を失い富農出身の妻とも表面的に離婚せざるを得なくなった。その後、蒋介石国民党軍を援助するために中国に派遣された軍事顧問団1938年に加わる。1939年11月のフィンランドへの侵攻作戦において第99狙撃兵師団長になり粛清によって軍規の乱れていたこの部隊を精鋭部隊にした。1940年に少将に昇進。

独ソ戦が始まるとソ連第37軍司令官に任命され、キエフ要塞戦区を任された。ドニェルプル戦線を死守したあと血路を開いて脱出後、モスクワ防衛戦において、ジューコフ将軍の指揮下、第20突撃軍司令官として戦功をあげた。その勇戦ぶりからレーニン勲章を受章した。1942年3月、ヴォルホフ戦線司令官代理/第2突撃軍司令官に任命され、レニングラード救援の任に当たった。しかし、満足な補給を受けられず、包囲された。ソ連軍総司令部は彼の救援のために飛行機を飛ばしたが、この時点で家族からの連絡でスターリンに猜疑心をもたれていることが分かっていたから応じなかった。同年7月12日、畜舎に隠れているところをドイツ兵に発見され投降した。やせて歩くことさえできない状態だった。

ロシア解放軍に訓示を与えるウラソフ

投降後は特別収容所に移され、最初の伝単による呼びかけを行なった。反響は大きく脱走兵が続出。そしてドイツ陸軍参謀本部のソ連軍情報を収集する東方外国軍課英語版ラインハルト・ゲーレン大佐に協力して新体制のロシア建設を目指した。彼自身は賓客扱いされたもののスラヴ人に対する偏見やロシアを自国の植民地としかみなさないナチス・ドイツ上層部によって政治活動を禁じられ、反スターリンの宣伝上のシンボルでしかなかった。しかし、東部戦線崩壊後の1944年、ハインリヒ・ヒムラーと会談し、ようやく11月14日にロシア解放軍と政治組織「ロシア諸民族解放委員会」を結成させることができた。やがてチェコ・レジスタンスからの支援呼び掛けに呼応・加担(ナチス・ドイツから離反)し、連合国到着前にプラハ解放で大きな功績を残して終戦をむかえる。1945年5月、ドイツ国内にてアメリカ軍に投降。部隊の西側への亡命を希望したが全員、ソ連軍に引き渡されて逮捕。秘密裁判で有罪を言い渡され他の同志とともに1946年に絞首刑となった。

ソ連崩壊後、ロシア解放軍将兵も名誉回復の対象となったが、ウラソフ自身の名誉回復は却下された。

私生活[編集]

最初の妻アンナ・ミハイロヴナはウラソフの投降後に逮捕され、5年の刑期を受けた。1941年に結婚した後妻のアグネッサ・パーヴロヴナには何の咎めもなく、夫の名誉回復を訴えていた。前妻との間に1児、婚外子が1人いた。孫の1人はロシア海軍将校。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]