アンソニー・アービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル

アンソニー・アービン
男子 競泳
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
2000 シドニー 男子 50m自由形
2000 シドニー 男子 4x100mフリーリレー
2016 リオデジャネイロ 男子 50m自由形
2016 リオデジャネイロ 男子 4x100mフリーリレー
世界水泳選手権
2001 男子 50m自由形
2001 男子 100m自由形

アンソニー・アービンAnthony Lee Ervin1981年5月26日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州バーバンク出身の男子競泳選手。

人物[編集]

黒人の父と白人の母の間に生まれる。 19歳の時出場した2000年シドニーオリンピックで、米国水泳初の黒人系代表選手となり、50m自由形で、同僚のゲーリー・ホール・ジュニアと同着で金メダルを獲得した[1]

2001年世界水泳選手権の100m自由形ではソープホーヘンバンドを抑えて優勝した。

しかしシドニーオリンピック後から薬物依存やアルコール中毒に苦しみ、競技から離れ、一時期は自殺も考えるほどであったという[2]

2005年にシドニーオリンピックの金メダルを売却して収益金をスマトラ地震の被災者のため寄付した[1]

競技休止後はバンドで演奏をしたり、世界中を旅したりしていたが[3]、2012年に競技にカムバックを果たし、 同年開催のロンドンオリンピックで12年ぶりのオリンピックに31歳で出場した。50m自由形で5位に入賞している。

2016年リオデジャネイロオリンピックに出場しフランスのフローラン・マナドゥを破り競泳50m自由形で金メダルを獲得した。35歳で金メダルを獲得するのは同競技では史上最年長である[1]

短距離選手として決して恵まれた体格ではなく、競技の要であるスタートを不得手としながらもトップスピードに乗るまでの速さと最大泳速を武器とする[4]

クラウドファンディング[編集]

競泳界のみならず、ローリング・ストーンズ紙の表紙を飾るなど人気の高い氏であるが、競技資金は苦しいものであった。 オリンピック選考を考慮する大会のひとつであるFINA競泳ワールドカップに参戦するためクラウドファンディングを活用した[3]

自己ベスト[編集]

2017年9月21日現在[5]

泳法 距離 水路 記録 樹立年 大会名 開催都市(国名)
自由形 50m 長水路 21秒40 2016年 リオデジャネイロオリンピック リオ(ブラジル)
自由形 100m 長水路 48秒33 2001年 第9回世界水泳選手権 福岡(日本)
自由形 50m 短水路 20秒85 2012年 FINA競泳ワールドカップ2012 ベルリン(ドイツ)
自由形 100m 短水路 46秒33 2013年 FINA競泳ワールドカップ2013 シンガポール(シンガポール)
バタフライ 50m 短水路 24秒50 2012年 FINA競泳ワールドカップ2012 モスクワ(ロシア)

著作[編集]

  • Anthony Ervin, Constantine Markides (2016) "Chasing Water: Elegy of an Olympian" Edge of Sports

脚注[編集]

  1. ^ a b c 両腕入れ墨の35歳アービン 競泳最年長金メダリストに 男子50メートル自由形”. 産経新聞、産経デジタル (2016年8月13日). 2017年9月22日閲覧。
  2. ^ Anthony Ervin is going for gold again at Rio after attempting suicide and battling alcohol and drug addiction”. Associated Newspapers Ltd (2016年8月2日). 2017年9月22日閲覧。
  3. ^ a b 五輪資金ネットで調達 金メダル支えた「クラウドファンディング」”. 産経デジタル (2016年8月22日). 2017年9月22日閲覧。
  4. ^ THE BALLAD OF ANTHONY ERVIN “THE SPRINTER WITH NO START””. Swim Swam Partners, LLC (2016年7月5日). 2017年9月22日閲覧。
  5. ^ swimrankings”. 2017年9月21日閲覧。

外部リンク[編集]