アンジェラの灰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンジェラの灰』(アンジェラのはい、Angela's Ashes)は、フランク・マコートによる回想録。彼の子供時代の物語を語ったもの。マコートはアメリカ合衆国に生まれたが、両親が経済的な困窮により、母国アイルランドに帰ることを決意し、1930年代、1940年代をアイルランド、特にそのリムリック市で過ごす。その暮らしが骨太いタッチで描かれる。物語は、彼が結局アメリカに帰るための金を手にしたところで終わる。マコートは、これに続く時代の物語を『アンジェラの祈り』として書いている。

この本は1996年に出版されたのちピューリッツアー賞を受賞、ナショナル・ブック・アウォードにも選出された。

映画[編集]

1999年には、エミリー・ワトソンロバート・カーライル、マイケル・レッジ、そしてディボン・マレーという配役で、映画化されている。監督はアラン・パーカー

日本語版[編集]

外部リンク[編集]