アンゴラの首相一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンゴラ首相は政府の高官だったが、もはや政府の長ではない。

残りの内閣代表と同様に、首相は大統領によって任命される。首相の地位はアンゴラがポルトガルから独立を達成した1975年11月11日に創設されたことに起源を持つが、1978年にアゴスティーニョ・ネト大統領の時代に彼の権力強化のために廃止された。1991年まで首相は存在せず、内戦終結後のジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス大統領の時代に復帰された。首相職は1999年から2002年まで空席だった。

首相職はアンゴラ2010年憲法の批准により、2012年に実質的に廃止される見込みであり、首相職の機能は大統領職に統合され、大統領は首相と同様の議会における多数派の信任を条件とする見込みである。この種の間接議会共和制として既にボツワナ南アフリカ共和国などが存在する。

歴代首相一覧[編集]

1. ロポ・ド・ナシメント 1975年11月11日 1978年12月9日
*. 廃止 1978年12月9日 1991年7月19日
2. フェルナンド・ジョゼ・デ・フランサ・ディアス・ヴァン=ドゥーネン 1991年7月19日 1992年12月2日
3. マルコリーノ・モコ 1992年12月2日 1996年6月3日
4. フェルナンド・ジョゼ・デ・フランサ・ディアス・ヴァン=ドゥーネン 1996年6月3日 1999年1月29日
*. 空席 1999年1月29日 2002年12月6日
5. フェルナンド・ダ・ピエダデ・ディアス・ドス・サントス 2002年12月6日 2008年9月30日
6. パウロ・カソーマ 2008年9月30日 2010年2月4日
*. 廃止 2010年2月4日 現在

関連項目[編集]