フェルナンド・ダ・ピエダデ・ディアス・ドス・サントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェルナンド・ダ・ピエダデ・ディアス・ドス・サントス (2012)

フェルナンド・ダ・ピエダデ・ディアス・ドス・サントスポルトガル語: Fernando da Piedade Dias dos Santos1951年3月5日 - )は、アンゴラ政治家2002年から2008年までアンゴラの首相\を務めた。ナンド Nandóの通称で知られる。首都ルアンダ出身。

法律を学んだ後、1971年アンゴラ解放人民運動(MPLA)に参加する。1975年アンゴラ独立後は、1978年からアンゴラ人民警察軍に入りキャリアを重ねていった。1981年内務省入省。1984年内務次官に就任する。1985年アンゴラ解放人民運動・労働党(MPLA-PT)党評議会議員に選出され、同時にアンゴラ軍大佐アンゴラ人民議会議員となる。内相を経て、2002年から2008年まで首相。

先代:
フェルナンド・ジョゼ・デ・フランサ・ディアス・ヴァン=デュネム
アンゴラ共和国首相
2002年 - 2008年
次代:
パウロ・カソーマ