ジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス
José Eduardo dos Santos
José Eduardo dos Santos-16062014-edit.jpg
2014年のドス・サントス

任期 1979年9月10日2017年9月26日
フェルナンド・ダ・ピエダデ・ディアス・ドス・サントス
マヌエル・ドミンゴス・ヴィセンテ英語版
首相 フェルナンド・ジョゼ・デ・フランサ・ディアス・ヴァン=デュネム
マルコリーノ・モコ英語版
フェルナンド・ジョゼ・デ・フランサ・ディアス・ヴァン=デュネム
フェルナンド・ダ・ピエダデ・ディアス・ドス・サントス
パウロ・カソーマ[1]

出生 (1942-08-28) 1942年8月28日
ポルトガルの旗 ポルトガル領アンゴラ、ルアンダ
死去 (2022-07-08) 2022年7月8日(79歳没)
スペインの旗 スペインバルセロナ
政党 アンゴラ解放人民運動(MPLA)
出身校 アゼルバイジャン国立石油大学
署名 José Eduardo dos Santos signature.jpg

ジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントスポルトガル語: José Eduardo dos Santos1942年8月28日 - 2022年7月8日[2])は、アンゴラ軍人政治家革命家で第2代大統領アンゴラ解放人民運動(MPLA)議長。

1979年にアゴスティニョ・ネト初代大統領の後を継いで大統領となり、2017年9月に退任するまで38年間にわたる長期政権を維持した。これはアフリカでは赤道ギニアテオドロ・オビアン・ンゲマ大統領に次ぐ長さであった[3]

略歴[編集]

父は建設労働者。1956年学生時代にアンゴラ解放人民運動(MPLA)に加わる。しかし宗主国ポルトガルの弾圧を逃れ、1961年フランス亡命を余儀なくされ、後にコンゴ共和国に逃れた。この頃からMPLA内で台頭し、副議長となる。また、亡命生活のため学業を中断していたが、ソ連に移りアゼルバイジャン石油化学大学(現・アゼルバイジャン国立石油アカデミー英語版、Azerbaijan State Oil Academy)でエンジニアリングの学位を取得する。1970年アンゴラに帰国し、MPLAの軍事部門であるアンゴラ解放人民軍(Exército Popular de Libertação de Angola、EPLA)に所属、MPLAの第二政治・軍管区ラジオ送信担当に就任し、アンゴラ独立戦争に参加した。1974年第二管区電気通信担当副司令官となり、同時にMPLA外交担当コーディネーターに就任した。

1975年にアンゴラはポルトガルからの独立を果たしたものの、アンゴラは内戦に突入する。アンゴラ内戦初期に議長兼外交政策担当書記となり、1976年に書記を交代した。

1979年9月、アンゴラ初代大統領のアゴスティニョ・ネトが死去すると、後継大統領に就任した。

2013年12月15日、娘が企画したマライア・キャリーのコンサートに出席。マライア・キャリーの百万ドル(約1億円)とも指摘される出演料とともに話題になった[4]

2016年3月、73歳の時に2年後の政界引退を表明[3]。2017年8月23日に実施された大統領選挙には出馬せず、9月26日に大統領を退任[5][6]

2020年1月、ICIJはアフリカ一の女性富豪(資産約2300億円)と言われる長女のイサベルが公共事業を受注したり、租税を回避して巨額の富を得た疑いがあると報じた[7]

2021年9月14日、滞在先のバルセロナから2年数か月ぶりに帰国した[8]

出典[編集]

  1. ^ 2010年に役職廃止。
  2. ^ Reuters (2022年7月8日). “Angola's former president dos Santos dies at 79” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/world/africa/angolas-former-president-dos-santos-dies-79-2022-07-08/ 2022年7月8日閲覧。 
  3. ^ a b “アンゴラ現大統領、1979年就任以来約40年間政権を維持”. アフリカビジネスニュース. (2016年3月17日). オリジナルの2016年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160811025852/http://www.africa-news.jp/news_ar7zsEyOTi.html 2016年4月28日閲覧。 
  4. ^ “「独裁国で高額報酬」マライア・キャリーのコンサートに非難集中”. 産経新聞. (2013年12月22日). オリジナルの2013年12月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131222214728/https://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/131222/ent13122210190006-n1.htm 2013年12月22日閲覧。 
  5. ^ “38年の長期政権続いたアンゴラ、大統領に「黄金の引退プラン」を用意”. AFPBB News (フランス通信社). (2017年6月20日). http://www.afpbb.com/articles/-/3132765 2017年9月27日閲覧。 
  6. ^ “Angola’s first new president in 38 years vows to fight graft”. ロイター (ロイター). (2017年9月27日). http://www.reuters.com/article/us-angola-politics/angolas-first-new-president-in-38-years-vows-to-fight-graft-idUSKCN1C12G0 2017年9月27日閲覧。 
  7. ^ 京都新聞2020年1月22日朝刊
  8. ^ “Angola deve parar de pagar despesas de José Eduardo dos Santos se prefere viver em Espanha”. Angola24Horas. (2021年9月18日). https://angola24horas.com/politica/item/22260-angola-deve-parar-de-pagar-despesas-de-jose-eduardo-dos-santos-se-prefere-viver-em-espanha 2021年9月24日閲覧。 
公職
先代
アゴスティニョ・ネト
アンゴラの旗 アンゴラ共和国大統領
第2代:1979年 - 2017年
次代
ジョアン・ロウレンソ