ジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス
José Eduardo dos Santos
Angola.JoseEduardoDosSantos.01.jpg

任期 1979年9月10日

出生 1942年8月28日(73歳)
ポルトガルの旗 ホルトガル領アンゴラ、ルアンダ
政党 アンゴラ解放人民運動(MPLA)

ジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントスポルトガル語: José Eduardo dos Santos, 1942年8月28日 - )は、アンゴラ軍人政治家革命家で第2代大統領アンゴラ解放人民運動(MPLA)議長。1979年にアゴスティニョ・ネト初代大統領の後を継いで大統領となった。2016年4月の時点で36年間もの長期政権を維持しており、これはアフリカでは赤道ギニアテオドロ・オビアン・ンゲマ大統領に次ぐ長さである[1]

父は建設労働者。1956年学生時代にアンゴラ解放人民運動(MPLA)に加わる。しかし宗主国ポルトガルの弾圧を逃れ、1961年フランス亡命を余儀なくされ、後にコンゴ共和国に逃れた。この頃からMPLA内で台頭し、副議長となる。また、亡命生活のため学業を中断していたが、ソ連に移りアゼルバイジャン石油化学大学(現、アゼルバイジャン石油アカデミーAzerbaijan State Oil Academy)でエンジニアリングの学位を取得する。1970年アンゴラに帰国し、MPLAの軍事部門であるアンゴラ解放人民軍(Exército Popular de Libertação de Angola、EPLA)に所属、MPLAの第二政治・軍管区ラジオ送信担当に就任し、アンゴラ独立戦争に参加した。1974年第二管区電気通信担当副司令官となり、同時にMPLA外交担当コーディネーターに就任した。

1975年アンゴラはポルトガルから独立を果たしたものの、アンゴラは内戦に突入する。アンゴラ内戦初期に議長兼外交政策担当書記となり、1976年書記を交代した。

1979年9月アンゴラ初代大統領のアゴスティニョ・ネトが死去すると、後継大統領に就任した。

2013年12月15日、娘が企画したマライア・キャリーのコンサートに出席。マライア・キャリーの百万ドル(約1億円)とも指摘される出演料とともに話題になった[2]

2018年に政界を引退することを表明している[1]


公職
先代:
アゴスティニョ・ネト
アンゴラの旗 アンゴラ共和国大統領
第2代:1979 -
次代:
(現職)


出典[編集]