アレクセイ・シューセフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレクセイ・シューセフ(シチューセフ、Alexey Viktorovich Shchusev、1873年10月8日 - 1949年5月24日)は、ロシアソビエト連邦建築家キシナウ出身。

芸術アカデミーの出身。アカデミーではレオン・ベノワに師事した。ロシア革命前は一貫してネオロシア様式の作品を残しているが、作風はスラブの風土を生かした折衷スタイルとソ連全土の建築家の指導的立場から、当時の構成主義的な作品も手がけている。 建築家としてのおもな経歴はソビエト建築においてのものである。

ストロガノフ芸術産業専門学校(1913年-1918年)、ヴフテマス(1918年-1924年)、モスクワ建築大学(1948年)にて教鞭を執る。1919年から1929年まで、モスクワ建築家協会会長を務める。

1926-1929年トレチャコフ美術館長。ロシア建築博物館(現シューセフ建築博物館)初代館長。彼の言及は1930年から1950年代のモスクワ建築に多大な影響を及ぼしている。

ソビエトパレス建築設計競技では審査員を務めた。

モスソビエトアトリエにて、1918年から1923年まで、モスクワ再建都市計画にも携わる。コルシュノフ、コンスタンチン・メーリニコフイリア・ゴーロソフニコライ・ラドフスキーらを自宅に寄宿させて計画を取りまとめた。

おもな作品[編集]

、などがある。

参考文献[編集]

  • ロシア建築三つの旅 [ユーラシア・ブックレット] (No.61) 浜野アーラ著 浜野道博訳 東洋書店 2004.6
  • ロシア・アヴァンギャルド建築 [Inax叢書] (8) 八束はじめ INAX 1993.11
  • ロシアビザンチン [建築巡礼] (19) 内井昭蔵 丸善
  • ロシアの木造建築-民家・付属小屋・橋・風車 A.B.オポローヴニコフ 井上書院 1986
  • 世界の歴史 11 井上浩一 中央公論新社 1998

外部リンク[編集]