アレクサンダー・シャレンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレクサンダー・シャレンベルク
Alexander Schallenberg
Alexander Schallenberg 12.10.2021 02.jpg
2021年10月撮影
オーストリアの旗 オーストリア連邦外務大臣
就任
2021年12月6日
宰相カール・ネーハマー
前任者ミヒャエル・リンハルト英語版
任期
2019年6月3日 – 2021年10月11日
宰相ブリギッテ・ビアライン
セバスティアン・クルツ
前任者カリン・クナイスル英語版
後任者ミヒャエル・リンハルト英語版
オーストリアの旗 第33代 オーストリア連邦首相
任期
2021年10月11日 – 2021年12月6日
大統領アレクサンダー・ファン・デア・ベレン
副首相ヴェルナー・コグラー英語版
前任者セバスティアン・クルツ
後任者カール・ネーハマー
オーストリアの旗 オーストリア連邦首相府大臣
任期
2019年6月6日 – 2020年1月7日
イネス・シュティリング英語版とサービング
宰相ブリギッテ・ビアライン
前任者ゲルノート・ブリューメル英語版
ユリアーネ・ボグナー・シュトラウス英語版
後任者クリスティーネ・アッシュバッハー英語版
カロリーネ・エットシュタードラー英語版
スザンヌ・ラープ英語版
個人情報
生誕 (1969-06-20) 1969年6月20日(52歳)
スイスの旗 スイス ベルン
政党(無所属 (-2020)→)
オーストリア国民党 (2020-)
配偶者
マリー=イザベル・ヘナン (m. 1995)
(離婚)
子供4
ウォルフガング・シャレンベルク英語版
教育ウィーン大学
パリ第2大学
欧州大学院大学

アレクサンダー・シャレンベルクAlexander Schallenberg1969年6月20日 - )は、オーストリア政治家。現在オーストリアの外務大臣を務め、首相(第33代)、首相府大臣などを歴任した。オーストリア国民党所属。

来歴[編集]

2019年6月よりセバスティアン・クルツ政権で外務大臣。2021年10月にクルツの首相辞任に伴い後任に就任したものの、わずか2カ月後の12月2日にクルツの政界引退表明を受けて自らも辞任表明[1]。後任の国民党党首であるカール・ネーハマーが12月6日に首相に就任したことで正式に退任し、新政権では再び外務大臣を拝命した[2]

脚注[編集]


公職
先代:
ゲルノート・ブリューメル英語版
ユリアーネ・ボグナー・シュトラウス英語版
オーストリアの旗 オーストリア連邦首相府大臣
2019-2020
同職:イネス・シュティリング英語版
次代:
クリスティーネ・アッシュバッハー英語版
カロリーネ・エットシュタードラー英語版
スザンヌ・ラープ英語版
先代:
カリン・クナイスル英語版
オーストリアの旗 オーストリア連邦外務大臣
2019-2021
次代:
ミヒャエル・リンハルト英語版
先代:
セバスティアン・クルツ
オーストリアの旗 オーストリア連邦首相
第33代:2021
次代:
カール・ネーハマー
先代:
ミヒャエル・リンハルト英語版
オーストリアの旗 オーストリア連邦外務大臣
2021-
現職