アル=カーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アル=カーシー(ジャムシード・ギヤースッディーン・アル・カーシー Ghiyāth al-Dīn Jamshīd Masʿūd al-Kāshī (or al-Kāshānī) ペルシア語: غیاث‌الدین جمشید کاشانی‎ )は、ペルシア天文学者数学者1380年1429年)。サマルカンドを中心に活動した。

人物[編集]

ペルシアのカシュアンに生まれる。1406年には天体観測をおこない、月食を観測した。ティムール朝ウルグ・ベクに招かれてサマルカンドへ移り住んでからは、マドラサや天文台で働いた。驚異的な計算力で知られ、1424年の著作『円周論』では、少数点第16位まで円周率の近似値を求めている。

1427年には『計算法の鍵』という著作をあらわし、アラビア数学代数学算術についてまとめた。この本には、10進小数についての解説や、n乗根を求める方法、1次の正弦の値を求めるための3次方程式の解などが書かれている。これにより、掛け算などの過程は、現在とほぼ同じものとなった。また、精密な三角関数表を作成し、余弦定理三角測量に使いやすくした。このためフランスでは、余弦定理を「アル・カーシーの定理」(Théorème d'Al-Kashi) と呼ぶ。天文表(Zij)を作り、アル=カーシーの方法にならった正弦表は、ウルグ・ベクやサマルカンドの天文学者たちに利用された。を計算するためのアナログコンピュータも作ったとされる。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]