アルブレヒト1世 (ザクセン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ザクセン公アルブレヒト1世Albrecht I., Herzog von Sachsen1175年頃 - 1260年10月7日クロスター・レーニン)は、アルベルト1世とも呼ばれるアスカーニエン家出身の人物で、ザクセンエンゲルンヴェストファーレンの公、ノルトアルビンゲンの領主、神聖ローマ帝国選帝侯および大元帥、アンハルト伯を務めた。ザクセン公ベルンハルト3世デンマーククヌーズ5世の娘ブリジットの子で、アルブレヒト熊公の孫にあたる。アンハルト伯ハインリヒ1世は兄である。

家族[編集]

1222年オーストリア公レオポルト6世の娘アグネス(1206年 - 1238年)と結婚。

  1. ユーディト(1223年 - 1250年) - デンマークエーリク4世と結婚。
  2. ユッタ(? - 1266年) - ブランデンブルク辺境伯ヨハン1世と結婚。

1238年テューリンゲン方伯ヘルマン1世の娘アグネス(1205年 - 1247年)と再婚。

  1. マルガレーテ(? - 1265年) - シュヴェリーン伯ベルンハルト3世と結婚。

1247年ブラウンシュヴァイク=リューネブルクオットー1世の娘ヘレーネ(1231年 - 1273年)と再婚。

  1. ヘレーネ(1247年 - 1309年) - ヴロツワフヘンリク3世、次いでニュルンベルク城伯フリードリヒ3世と結婚。
  2. エリザベート(? - 1306年) - ホルシュタインヨハン1世と結婚。
  3. ヨハン1世(1248年 - 1285年) - ザクセン=ラウエンブルク
  4. アルブレヒト2世(1250年 - 1298年) - ザクセン=ヴィッテンベルク
  5. ルドルフ(? - 1269年)
先代:
ベルンハルト3世
ザクセン公
1212年 - 1260年
次代:
アルブレヒト2世