アルティナイ・アスィルムラートワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルティナイ・アスィルムラートワ: Алтынай Абдуахимовна Асылмуратова, : Altynai Asylmuratova, 1961年1月1日 - ) は、ロシアバレエダンサーである。

経歴[編集]

1961年に旧ソ連・カザフスタンアルマ・アタで生まれる。

ワガノワ・バレエ学校ではインナ・ズブコフスカヤに師事した。バレエ学校を卒業後、1978年にキーロフ・バレエ(現在のマリインスキー・バレエ)に入団し、1982年にプリンシパル・ダンサーに任命された。

早くからプティバランシン振付の西側の作品に出演し、注目を浴びた。活躍は本拠地のマリインスキー・バレエに留まらず、世界中でゲストバレリーナとして出演した。黒髪と黒い瞳の神秘的で繊細な容姿を持ち、日本でも人気が高いバレリーナの一人であった。

夫はマリインスキー・バレエ団の同僚だったコンスタンチン・ザクリンスキー。しかし舞台ではしばしばファルフ・ルジマートフと組んで踊っていた。

2000年にワガノワ・バレエ学校の芸術監督に任命され、それを機に現役を退いた。

出演[編集]

参考文献[編集]

  • 小倉重夫編『バレエ音楽百科』(1997年、音楽之友社

外部リンク[編集]