アラン・クルーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アラン・クルーガー
Alan Krueger
アラン・クルーガー(2009年)
生誕 1960年9月17日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州リヴィングストン
死没 2019年3月16日(58歳没)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 プリンストン大学
研究分野 労働経済学
母校 コーネル大学
ハーバード大学
受賞 カーショウ賞(1997年)
マハラノビス賞(2001年)
政治学および社会学のIZA賞(2006年)
トムソン・ロイター引用栄誉賞(2013年)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

アラン・ベネット・クルーガー英語: Alan Bennett Krueger1960年9月17日 - 2019年3月16日)はアメリカ合衆国経済学者プリンストン大学の教授であり、全米経済研究所(NBER)のリサーチ・アソシエイトでもある。バラク・オバマ大統領の大統領経済諮問委員会(CEA)の委員長も務めた。

概要[編集]

政策評価や社会学の実験にも用いられる実社会のデータから結果を出す自然実験英語版の手法を開発し、教育が収入に与える影響、最低賃金が雇用に与える影響などを研究した[1][2]。2021年にノーベル経済学賞を受賞したデヴィッド・カードヨシュア・アングリストらと授賞理由に関する共著を行っており、自殺で亡くなっていなければとアラン・クルーガーの功績を称え惜しむ声もある[3][4]

研究の例として、以下のようなものがある。

  • 最低賃金を引き上げたニュージャージーのレストランの仕事と、そうでなかったペンシルベニアのレストランの仕事を比較し、ニュージャージーのレストランの雇用は増加したが、ペンシルベニアでは減少したことを発見した[5]。この結果は、最低賃金の雇用効果に関する議論を再活性させた。
  • テロ活動家が、賃金が低く低学歴の階層から出るかについても研究を行い仮説を否定する結果を提示している(日本の例では、オウム真理教日本赤軍のメンバーの多くは高学歴)。

略歴[編集]

将来通し[編集]

  • 朝日新聞(夕刊)2012年1月7日
クルーガー氏は「米経済や、労働市場が治癒しつつあることを示している」と指摘。雇用情勢の行方は11月の大統領選を左右するとみられているだけに、政権の取り組みが実を結びつつあるとの考えを強調した。

一方で、欧州の政府債務(借金)危機などの影響で「世界経済は脆弱な状態が続いている」との認識も示し、「米国内の需要を増やすなど我々がとれる対策を打つことが重要だ」と語った。

具体的には、昨年12月末の期限切れ直前に米与野党が合意した「給与税減税の2カ月延長」について、今年末まで延ばす必要性を強調。また「インフラへの投資を増やし、教師や警官・消防士の雇用を維持するために米国の各州や地方政府を支援する」ことなどを挙げ、「これらは米経済がいま必要としている一種の治療薬だ」と語った。

欧州危機については、9日に独仏首脳会談が開かれることを念頭に、「欧州連合(EU)のリーダーたちが、問題に対処する対策をとることが重要だ。彼らは早く行動する力がある」と、欧州が自発的に危機を封じ込めるよう促した。

主な著作[編集]

日本語訳[編集]

著書(原書)[編集]

  • Card, David; Krueger, Alan B. (1995). Myth and Measurement: The New Economics of the Minimum Wage. Princeton: Princeton University Press. ISBN 0-691-04823-1. https://archive.org/details/mythmeasurement00davi 
  • Krueger, Alan B. (2001). Education Matters: Selected Essays by Alan B. Krueger. Cheltenham, UK: Edward Elgar. ISBN 1-84064-106-1 
  • Heckman, James J.; Krueger, Alan B. (2003). Inequality in America: What Role for Human Capital Policies?. MIT Press. ISBN 0-262-08328-0 
  • Krueger, Alan B. (2007). What Makes a Terrorist: Economics and the Roots of Terrorism. Princeton: Princeton University Press. ISBN 978-0-691-13438-3. https://archive.org/details/whatmakesterrori00krue 
  • Krueger, Alan B. (2019). Rockonomics: A Backstage Tour of What the Music Industry Can Teach Us About Economics and Life. Currency. ISBN 978-1-5247-6371-8 

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Casselman, Ben (2019年3月18日). “Alan B. Krueger, Economic Aide to Clinton and Obama, Dies at 58” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2019/03/18/obituaries/alan-krueger-dead.html 2019年3月18日閲覧。 
  2. ^ Smith, Noah (2019年3月18日). “Alan Krueger Led a Quiet Economics Revolution”. Bloomberg. 2019年3月18日閲覧。
  3. ^ Natural experiments in labour economics and beyond: The 2021 Nobel laureates David Card, Joshua Angrist, and Guido Imbens Jörn-Steffen Pischke 更新日:16 October 2021 参照日:21 October 2021
  4. ^ 今年のノーベル経済学賞の受賞者たちの功績は「統計」を「洞察」に変えたこと サイト:クーリエ・ジャポン 更新日2021.10.20 参照日:21 October 2021
  5. ^ Nasar, Sylvia (1993年8月22日). “Conversations/David Card and Alan Krueger; Two Economists Catch Clinton's Eye By Bucking the Common Wisdom”. The New York Times. 2011年8月29日閲覧。
  6. ^ A・クルーガー氏死去、オバマ米前政権のCEA委員長 58歳ロイター
先代
フィリップ・スワゲル英語版
アメリカ合衆国の旗 経済政策担当財務次官補
2009年5月7日 - 2010年10月16日
次代
ジャニス・エバリー英語版
先代
オースタン・グールズビー英語版
Council of Economic Advisers.png 大統領経済諮問委員会委員長
2011年11月3日 - 2013年8月2日
次代
ジェイソン・ファーマン英語版