アメティスト (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメティスト
FS Amethyste (S 605).jpg
基本情報
建造所 DCNシェルブール工廠
運用者  フランス海軍
艦種 攻撃型原子力潜水艦
級名 リュビ級アメティスト改正
艦歴
起工 1984年10月31日
進水 1988年5月14日
就役 1992年3月20日
要目
排水量 基準 2,385t
水中 2,640t
全長 74.1m
最大幅 7.6m
吃水 6.4m
機関 原子力ターボ・エレクトリック方式、1軸およびポンプジェット推進
K48加圧水型原子炉 × 1基
発電機 × 2基
SEMT ピルスティク8PA4V185SM 補助ディーゼル機関 × 1基 650HP
出力 9,500HP
速力 水上 不明
水中 25kt
潜航深度 300m以上
乗員 70名
兵装 533mm魚雷発射管 × 4門(L5F17SM39エグゾセを発射可能、14発搭載)
機雷
C4ISTAR SAGEM Minicim統合航海システム
TITAC戦闘指揮システム
SEAO/OPSMER指揮支援システム
レーダー 1007レーダー
ラカル・デッカ製レーダー
ソナー DAQ DMUX-20ソナー
ETID DSUVA Ĉ-62曳航ソナー
DUUG-7ソナー
探索装置・
その他装置
APS STS潜望鏡
電子戦
対抗手段
ARUR-13対マスカー探知器
シアキューズ2衛星通信システム
テンプレートを表示

アメティストフランス語Améthyste, S 605)は、フランス海軍リュビ級原子力潜水艦5番艦であるが、船型や戦闘システムの改良を目的としたアメティスト改正による分類の場合は1番艦となる。艦名はアメシストのフランス語読みに由来する。

艦歴[編集]

「アメティスト」は、DCNシェルブール工廠で建造され1984年10月31日に起工、1988年5月14日に進水、1992年3月20日に就役しトゥーロン海軍基地に配備される。

1999年にはコソボ紛争におけるトライデント作戦に「S601 リュビ」と共に参加しセルビア(当時)コトル海峡付近に展開しNATO軍に必要な情報収集任務とセルビア海軍の封鎖の任に就いた[1]

2009年11月時点においてソマリア沖の海賊対策であるアタランタ作戦欧州連合海上部隊に参加しアデン湾に展開している。

2011年には、リビア飛行禁止空域でのNATOユニファイド・プロテクター作戦に参加し、海上封鎖任務に従事した。

脚注[編集]

  1. ^ Histoire et actualités du SNA Améthyste

外部リンク[編集]

関連項目[編集]