アブドゥラ (パハン州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アブドゥラ
عبد الله
第16代マレーシア国王(アゴン)
Sultan Abdullah Pahang 02.png
在位 2019年1月15日 - (パハン州スルターン)
2019年1月31日 - (マレーシア国王)
就任式 2019年7月30日

全名 アル・スルタン・アブドラ・リアヤトゥディン・アル・ムスタファ・ビラ・シャー・イブニ・アルマーム・スルタン・ハジ・アフマド・シャー・アル・ムスタイン・ビラ
出生 (1959-07-30) 1959年7月30日(60歳)
父親 アフマド英語版[1]
テンプレートを表示

アブドゥラマレー語: عبد الله)は、マレーシアパハン州スルターン(在位:2019年1月15日 - [2])。マレーシアの第16代国王(在位:2019年1月31日 - )。

2019年1月24日、第15代マレーシア国王ムハンマド5世の辞任を受けて開かれた統治者会議英語版において国王に選出され、31日の式典で正式に就任した[2]。これに先立つ2019年1月15日、高齢の父アフマド英語版から譲位されてパハン州スルターンとなった[2][1]

2019年10月22日の即位礼正殿の儀に参列し、同日中に迎賓館赤坂離宮で安倍晋三内閣総理大臣と会談を行った[3]

役職[編集]

出典[編集]

先代:
ムハンマド5世 (クランタン州)
マレーシアの国王
第16代:2019年1月31日 -
次代: