アビンティア・レーシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アビンティア・レーシング
2015年
チーム名
アビンティア・レーシング
本拠地 スペインの旗 スペイン, マドリード
代表 ラウル・ロメロ
ライダー 8 エクトル・バルベラ スペインの旗
63 マイク・ディ・メッリオ フランスの旗
マシン ドゥカティ・GP14
タイヤ ブリヂストン
ライダーズ
チャンピオン
 

アビンティア・レーシング (Avintia Racing) は、スペインのオートバイレーシングチーム。2015年現在世界選手権MotoGPクラスに参戦している。

歴史[編集]

国内選手権[編集]

チームは1994年にバイ・クエロセノ・レーシング (By Queroseno Racing, BQR) としてラウル・ロメロとジョセップ・オリバによって設立された。スペイン国内選手権でBQRはダビド・デ・ヘアステファン・ブラドルエフレン・バスケスを擁し、3つのFormula Extremeと2つの125GPタイトルを獲得した。

世界GP[編集]

125cc・250cc[編集]

世界選手権にワイルドカード参戦を繰り返した後、BQRは2001年、250ccクラスにホンダのマシンでフル参戦を果たす。2007年にチームyはマシンをアプリリアにスイッチする。BQRの世界選手権における初勝利は、2008年イギリスGP125ccクラスでのスコット・レディングによるものであった。

Moto2[編集]

チームは2009年2月に最初のMoto2用マシンを公開し、プロトタイプを2009年スペイン国内選手権に投入した[1]2010年には新設されたMoto2クラスにヨニー・エルナンデスマシェル・アル・ナイミを起用して参戦した。

MotoGP[編集]

BQRとグルポ・アビンティアの提携に従い、チームは2012年にアビンティア・レーシングと改名した。チームはクレーミング・ルール・チームとしてMotoGPクラスに参戦する。FTRモトとインモテック製のフレームにBQRのバッヂを付け、カワサキ製エンジンを搭載したマシンを投入した。ライダーはイバン・シルバとエルナンデスを起用した。2013年にはFTR製フレームにカワサキ製エンジンを搭載したマシンで、青山博一エクトル・バルベラを起用した。

2014年、チームは青山に代えてマイク・ディ・メッリオを起用した。マシンは引き続いてFTR-カワサキのマシンを使用した。シーズン途中でチームとドゥカティとの提携が成立し、バルベラが終盤5戦でオープン仕様のドゥカティ・デスモセディチを走らせた[2]2015年もバルベラとディ・メッリオでオープンクラスにデスモセディチ・GP14を走らせる。

GP戦績[編集]

クラス チーム名 車両 車番 ライダー 出走数 勝利数 表彰台数 PP FL ポイント 順位 ポイント(チーム) 順位(チーム)
2011年 Moto2 アビンティア-STX FTR 9 アメリカ合衆国の旗 ケニー・ノエス 17 0 0 0 0 11 28 - -
2012年 MotoGP アビンティア・ブルセンス BQR 68 コロンビアの旗 ヨニー・エルナンデス 15 0 0 0 0 28 17 44 10
22 スペインの旗 イバン・シルバ 16 0 0 0 0 12 23
Moto2 ブルセンス・アビンティア スッター 60 スペインの旗 フリアン・シモン 17 0 2 0 0 79 13 - -
Moto3 ブルセンス・アビンティア FTR ホンダ 25 スペインの旗 マーベリック・ビニャーレス 15 5 7 5 1 207 3位 - -
2013年 MotoGP アビンティア・ブルセンス FTR 8 スペインの旗 エクトル・バルベラ 18 0 0 0 0 35 16 49 10
7 日本の旗 青山博一 16 0 0 0 0 13 20
Moto2 ブルセンス・アビンティア カレックス 24 スペインの旗 トニ・エリアス 11 0 0 0 0 21 18 - -
9 イギリスの旗 カイル・スミス 9 0 0 0 0 0 -
2014年 MotoGP アビンティア・ブルセンス アビンティア・GP14 8 スペインの旗 エクトル・バルベラ 18 0 0 0 0 26 18 34 10
ドゥカティ・デスモセディチ GP14
アビンティア・GP14 63 フランスの旗 マイク・ディ・メッリオ 18 0 0 0 0 9 25

参照[編集]

外部リンク[編集]