アバター (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アバター』 (Avatar) は、山田悠介による日本小説、またそれを原作とした日本映画。題名の通り、アバターを題材としている。

あらすじ[編集]

主人公・阿武隈川道子は、クラスを仕切っているいじめグループのリーダーである女子・阿波野妙子から強制的に日本最大級の携帯専用SNSサイト・アバQに入会させられてしまう。入会したその日から、毎日が一変し、人格などが変わっていく。大金を手にしてアバターを着飾り、大規模なアバターサークルを作り、ついにはアバターに似せた顔に整形してしまい、取り返しのつかない事態に発展する。

登場人物[編集]

阿武隈川 道子(あぶくまがわ みちこ)
演:橋本愛
地味で冴えない高校2年生の女子高生(劇場版では高校1年生)。クラスを仕切るいじめグループのリーダー・阿波野妙子によってSNSサイト・アバQに入会させられてしまうが、入会直後から毎日が一変。レアアイテムを得るため色々な手を使ってまで大金を手にしようとし、人格も狂気によって大きく変わる。
実は過去に大切な父親を阿波野の父親によって殺されて失っていた。幼少期から今まで阿波野へ復讐したいと心から願っていた。
ベストドレッサー賞のグランプリに輝き、遂には阿波野から女王の座を奪うことに成功し学園の女王となる。その後は大規模なアバターサークルを作り上げ、自身の部下や幹部にはそれぞれ色の異なるガスマスクを与える。また自身をいじめていた阿波野に復讐するため、部下に阿波野を捕まえることを依頼。望み通り阿波野は彼女の部下に捕まり、集団リンチを受けた末にアイテムを西園寺の手によって削除される。さらには自身の地味な顔を消し去りたいという気持ちからアバターに似せた顔に整形し、女神になりたいという願いを叶えるために西園寺を殺害。道子への復讐の為に彼女の殺害を思いついた阿波野を逆に殺害(正確には阿波野が向けたチェンソーをガスマスクで防いだことによる正当防衛)。最終的には学園でのアバQの時代遅れと幹部の裏切りに絶望しながら彼女の時代は終わる。(映画版ではサイトに登録し、再び登りつめようとする)
阿波野 妙子(あわの たえこ)
演:坂田梨香子
いじめグループのリーダーでSNSサイトのアバQの絶対的女王に君臨する女子高生。弱い者がレアアイテムを持っていると部下を使いそれを奪って見せびらかすということで生徒たちから支持を得る。主人公・道子を「アブコ」と呼んでいじめている。また、道子にアバQを紹介した張本人である。舌を出す癖があり、道子から「ヘビ女」と呼ばれている。
後に彼女の女王の座は大金を手にしてベストドレッサー賞を受賞した道子によって簡単に奪われることになり、道子への反逆者として道子の部下によって狙われる身となる。そんな道子に復讐しようとするが道子の部下に捕まり、集団リンチを受けた末に不登校となり、あっさりと退学届を提出する。その後は女王となった道子を殺害するために3つの願いを叶えた報酬として女神のレアアイテムをプレゼントすると道子を騙し、西園寺たちを殺害させる。その後、道子もチェンソーで殺害しようとするも道子がガスマスクで防いだためにチェンソーの刃が自らの方向へ跳ね返り、致命傷を負い死亡した。
西園寺真琴 (さいおんじ まこと)
演: 水沢奈子
道子と同じく阿波野によっていじめられている女子高生。阿波野が女王として君臨している頃に彼女からアイテムの譲与を強制的に求められたが、自身がそれを拒んだことが原因で、彼女によって酷いいじめを受けていた。阿波野を恨み、同じくいじめを受けていた道子に阿波野の女王陥落を依頼する。道子はそれを承諾し大金を手にし始めて阿波野の女王陥落を目指した。
後に道子は学園の女王に君臨し、彼女は道子直属の部下となる(その証として彼女には銀のガスマスクが与えられている)。また道子の事を「道子様」と呼ぶようになる。道子の願いや依頼は何でも叶え、阿波野への復讐の際は自分も他の部下に交じってリンチをしていた。

書籍情報[編集]

映画[編集]

2011年4月30日に太秦の配給で公開。PG12指定。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

  • 「青写真」(The Alps)