アニル・アンバニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アニル・アンバニ
Anil Ambani Reliance.jpg
(2012年撮影)
生誕 (1959-07-04) 1959年7月4日(59歳)
インドムンバイ
住居 ムンバイ[1]
国籍 インドの旗 インド
職業 実業家
子供 息子2人[2]
家族ムケシュ・アンバニ、妹2人[2]

アニル・アンバニ(英:Anil Dhirubhai Ambani、1959年7月4日[2] -)はインドの実業家、リライアンス・ADA・グループ (ADA) の会長[3]。父はリライアンス財閥の創業者であるディルバイ・アンバニであり、兄のムケシュ・アンバニと分割してリライアンス財閥を相続した。

経歴[編集]

1959年7月4日、アニル・アンバニはインドのムンバイで生まれた[2]

1986年に父ディルバイが発作を起こして麻痺が残り[4]日々の業務はアニルと兄ムケシュが2人で引き継いだ[5]

2002年、父ディルバイが再び発作を起こして入院し[5]7月6日に死去した[4]。リライアンス財閥は2005年に兄弟で分割して相続することになった(#兄弟の争い)。

2006年、リライアンス・ADA・グループを設立した[2]

兄弟の争い[編集]

2004年、アニルは兄ムケシュとリライアンス財閥の支配権をかけて争った[6]。2005年、彼らの母親で大株主のコキラベンが争いを終わらせた[6]。 彼女はアニルにリライアンス財閥の新しい事業である通信、電力、銀行などを任せた[6]。これにより、兄弟2人でリライアンス財閥を分割し、それぞれ独立して活動を続けることになった[6]。アニルは兄とお互いの専門分野には手を出さない協定を結んだが、後にリライアンス・インダストリーズ子会社がアニルの扱っている携帯通信事業に参入、協定は破られることになった[7]

また父ディルバイは死去したとき遺書を残しておらず、アニルと兄ムケシュは遺産の配分でも争うことになった[8]。2005年、父ディルバイの遺産を分割相続する際にアニルは兄ムケシュと契約を交わし、ムケシュの「リライアンス・インダストリーズ」 (RIL) はアニルの「リライアンス・ナショナル・リソーシズ」 (NRNL) に対し、ベンガル湾クリシュナ・ゴダバリ海盆にあるD6鉱区から1日あたり2800万立方メートルの天然ガスを100万BTUあたり2.34ドルで17年間提供することになった[9]。だが、兄弟はこの契約について裁判で争うことになった。結局、2010年5月7日にこの契約はインドの最高裁で拘束力がないと判断され、RILはNRNLに対し政府が定めた公定価格である100万BTUあたり4.20ドルで売却できることになった[9]。この判決が下る以前、アニルはNRNLが保有している大きな権利はこの天然ガスしかなく、この権利がなくなればNRNLはペーパーカンパニーと変わらなくなってしまうと述べたという[9]。こうして、2010年5月に兄弟間での遺産を巡る争議は終了した[8]

事業[編集]

彼の引き継いだリライアンス・ADA・グループでは通信、金融サービス、メディア、インフラなどを扱っている[1]

「リライアンス・ディフェンス」ではイスラエルの国営企業「ラファエル・アドバンスド・ディフェンス・システムズ」やフランスの航空機メーカー「ダッソー・アビアシオン」などと合弁事業を行っている[1]。「リライアンス・コミュニケーションズ」はマレーシアのアナンダ・クリシュナン英語版の有するライバル企業「エアセル」との合併話が持ち上がっていたが中止した[1]

グループ企業[編集]

評価[編集]

2008年の『フォーブス』では兄のムケシュと共に世界の長者番付で上位10名に入った[10]。2017年の『フォーブス』では「インドの富豪」第45位、「世界の億万長者」第745位(インド人の中では第33位)につけている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Anil Ambani”. Forbes. 2017年11月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f About Us - Our Chairman - Chairman's Profile”. Reliance Group. 2017年11月10日閲覧。
  3. ^ “This is a side of Anil Ambani you will have never seen!”. Daily Bhaskar. (2015年6月4日). http://daily.bhaskar.com/news/NAT-TOP-ambani-group-anil-dhirubhai-ambani-birthday-interesting-facts-5012978-PHO.html?seq=2 2017年11月10日閲覧。 
  4. ^ a b “Reliance chairman Dhirubhai Ambani dead”. The Times of India. (2002年7月7日). https://timesofindia.indiatimes.com/ambani/Reliance-chairman-Dhirubhai-Ambani-dead/articleshow/15204658.cms 
  5. ^ a b “Indian business giant dies”. BBC. (2002年7月7日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/2109740.stm 2017年11月10日閲覧。 
  6. ^ a b c d Anand Giridharadasjune (2008年6月15日). “Indian to the Core, and an Oligarch”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/06/15/business/worldbusiness/15ambani.html?pagewanted=1&_r=2 2017年11月10日閲覧。 
  7. ^ “インド携帯 兄弟の争い リライアンス系”. 日本経済新聞. (2017年5月30日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO17098080Q7A530C1FFE000/ 
  8. ^ a b “インド大富豪、840億円27階建ての自宅を新築 批判の声も”. AFPBB news. (2010年11月28日). http://www.afpbb.com/articles/-/2776889?pid=6521374 2017年11月10日閲覧。 
  9. ^ a b c “インドのリライアンス法廷闘争、最高裁がRILに有利な判決”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版. (2010年5月10日). http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-58600.html 
  10. ^ James Hossack (2008年3月6日). “アジアで億万長者が増加、インドと中国が牽引 ― 世界長者番付”. AFPBB news. http://www.afpbb.com/articles/-/2360435?pid=2707288 2017年11月10日閲覧。 

外部リンク[編集]