リライアンス・ADA・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リライアンス・ADA・グループ
Reliance ADA Group
業種 コングロマリット
事業内容 金融・通信・電力・インフラ・メディアなど
代表者 アニル・アンバニ
外部リンク Reliance ADA Group
テンプレートを表示

リライアンス・ADA・グループ(Reliance ADA Group)は、インドを拠点とするコングロマリットである。金融・通信・電力・インフラ・メディア・不動産・ヘルスケアなど幅広く事業を展開している。オーナーは、インド二位の富豪であるアニル・アンバニ英語版ムケシュ・アンバニの弟)。

グループ企業[編集]

ハリウッドへの投資[編集]

メディア部門子会社リライアンス・エンターテインメントを通じて、ハリウッドへの投資を積極化させている。

スティーヴン・スピルバーグ率いる映画制作会社ドリームワークスの株式50%を取得したほか、ブレット・ラトナーニコラス・ケイジなどハリウッドの監督・俳優が所有する制作会社と企画開発契約を結んでいる。

リライアンス・グループ[編集]

リライアンス・グループの創業者である父ディルバイ・アンバニ英語版の死後、長男ムケシュ・アンバニと次男アニル・アンバニが経営権をめぐり対立し、母親の仲介によりグループを2分割した。

兄のムケシュ・アンバニは、グループの中核企業であったリライアンス・インダストリーズを、弟のアニル・アンバニは、金融、通信、電力、インフラ、メディアなどの事業を引き継ぎ、リライアンスADAグループを設立した。

しかし、グループ分割後も、アニルによる南アフリカの通信企業MTNへの買収提案や、天然ガス田の権益などをめぐって、対立を繰り返している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]