アドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アドルフ、アードルフ
Adolf, Adolph, Adolphe
男性
地域 北ヨーロッパ
意味 高貴なる、
派生 ドルフ
テンプレートを表示

アドルフAdolf, Adolph英語発音: [ǽdɔlf]ドイツ語発音: [áːdɔlf]アードルフ))は、ゲルマン起源のヨーロッパの男性名。短縮形はドルフDolph)。古高ドイツ語で「高貴なる(Edel, athal, adal)(Wolf)」を意味する[1]。主にドイツ北ヨーロッパなどで用いられる。

ラテン語形はアドルフス(Adolphus)、フランス語形はアドルフ(Adolphe)、イタリア語形はアドルフォAdolfo)、スペイン語形はアドルフォAdolfo)、ロシア語形はアドリフАдольф)。

なお英語では、ラテン語形を英語読みしたアドルファスも英語圏に見られる他、七王国時代の英国において"Æthel~"という名前の王侯貴族はよく見られ、アドルフと同語源の英語エゼルウルフÆthelwulf)の名を持つ国王も存在した。

第二次世界大戦頃まではよく名付けられる名前であったが、ナチス・ドイツの独裁者アドルフ・ヒトラーの影響により避けられるようになり、ドイツを含め各国においては、第二次世界大戦後命名されることはまれになった[2]。ただしスペイン中南米諸国ではナチスによる占領を経験せず、悪いイメージが定着しなかったためか、今でもしばしばみられる名前である。

日本では、ドイツ人の名の読み・表記に対しても、英語フランス語に従う「アドルフ」が多く用いられ、ドイツ語に従い第1音節を長音とする「アードルフ」は多く用いられない。

王侯貴族[編集]

その他の人物[編集]

架空の人名[編集]

人物以外[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ルードルフRudolf)も同じ「olf」を含んでいる。
  2. ^ ドイツにおいては、命名が法律で禁止されているわけではないが、登記所で受理時に「子どもの最善の利益Kindeswohl)」の観点から審査がなされる。
  3. ^ fr:Le Prénom、2010年。フランスでの映画化は2012年。fr:Le Prénom (film) en:What's in a Name? (2012 film)
  4. ^ 日本上映2020年 「お名前はアドルフ?」 セテラ・インターナショナル公式サイト