アドルフ・チェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アドルフ・チェフ
Adolf Čech
Adolph Cech.jpg
基本情報
出生名 アドルフ・ヤン・アントニーン・タウシク
(Adolf Jan Antonín Tausik)
生誕 1841年12月11日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国
セドレツ=プルチツェチェコ語版
死没 (1903-12-27) 1903年12月27日(62歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
プラハ
ジャンル クラシック音楽
チェコ国民楽派
オペラ
職業 指揮者
歌手
担当楽器 (バス)
活動期間 1862年 - 1900年

アドルフ・チェフチェコ語: Adolf Čech1841年12月11日 - 1903年12月27日)は、チェコ[注釈 1]指揮者

アントニン・ドヴォルザークベドルジハ・スメタナズデニェク・フィビフら、チェコ(チェコ国民楽派)を代表する作曲家の数々の作品の初演で指揮を担当している。特に、ドヴォルザークの作品では、交響曲第2番第5番第6番や、4本のオペラスターバト・マーテルなど数々の作品の初演で指揮を担当している。また、スメタナの連作交響詩わが祖国』、4本のオペラもチェフが初演を担当している。

また、これらに加えて、チェフはピョートル・チャイコフスキーの2本のオペラのロシア国外初上演や、ジャック・オッフェンバックの7本のオペレッタのチェコ初上演などでも指揮を担当している。

このように、指揮者として功績を残しているチェフであるが、指揮者だけでなく、バス歌手や、リブレット翻訳家としても活動していた。

経歴[編集]

アドルフ・チェフは、1841年12月11日オーストリア帝国(現・チェコ)のプラハの南に位置する街・セドレツ=プルチツェチェコ語版で、歌唱教師の息子として生まれた。出生名は、アドルフ・ヤン・アントニーン・タウシク (Adolf Jan Antonín Tausik)。兄弟に、後に歌手として活動するカレル・チェフがいる。チェフは音楽家になる前は、プラハでエンジニアになる勉強をしていた。1862年より、仮劇場聖歌隊指揮者兼副指揮者となった。同劇場でチェフは、ジュゼッペ・ヴェルディの『イル・トロヴァトーレ』、ガエターノ・ドニゼッティの『ベリザーリオ』、ジョアキーノ・ロッシーニの『オテッロ』、アルベルト・ロルツィングの『ロシア皇帝と船大工』、ジャコモ・マイアベーアの『ディノラ』、フリードリッヒ・フォン・フロトーの『マルタ』や『アレッサンドロ・ストラデッラ』といったオペラの指揮を担当した[1]。1862年から1866年までは、バス歌手としても活動しており、オペラ中の小さなソロを担当している。例えば、『セビリアの理髪師』(ロッシーニ)のバジリオ、『ユグノー教徒』(マイアベーア)のMéru、『グラナダの夜営』(コンラディン・クロイツァー)のペドロ、『イル・トロヴァトーレ』(ヴェルディ)のルイスなどの役をこなしている[1]1864年には、ウジェーヌ・スクリーブが書いた『ユダヤの女』(ジャック・アレヴィ)のリブレットチェコ語に翻訳したり、ジャック・オッフェンバックの『地獄のオルフェ』のチェコ初演も行っている[1]

1865年から1866年の間、オロモウツのチェコ劇場に代理指揮者として赴任していた。1867年になって、仮劇場に戻る。そこで、主にコミックオペラの指揮によって、チェフの名は徐々に有名になった。チェフは、オッフェンバックの『盗賊』(1870年)、『La Princesse de Trébizonde』(1871年)、『雪玉』(1872年)、『Les braconniers』、『青ひげ』(1874年)、『美しきエレーヌ』(1875年)の指揮をしている[1]

1873年には、ロベルト・シューマンの『交響曲第3番』のプラハ初演で指揮している[1]

1874年夏に、仮劇場の芸術監督を務めていたスメタナが体調を崩し、仕事が出来なくなると、チェフはスメタナの代理として指揮台に立った。スメタナが同年秋に正式に仮劇場から退くと、後任にはスメタナと激しく対立していたヤン・ネポムク・マイールが復帰する形で就任した[注釈 2]

チェフは、1875年4月4日、スメタナの『ヴルタヴァ』の初演を指揮を担当した[2][3]。同曲は、後に全6曲からなる連作交響詩わが祖国』の第2曲となる楽曲で、1882年に全曲通しての初演が行われた。この初演時もチェフは指揮者としてステージに立った。

1876年には、ドヴォルザークのオペラ『プルジェデフラ・ヴァンダ』を初演し、12月18日には『弦楽セレナーデ』も初演した[4]。これと同じコンサート(もしくは1877年3月17日[5] に、スメタナの交響詩『シャールカ』を初演している[6] 。同曲は、『わが祖国』の第3曲となる楽曲である。

チェフは、この時期にスメタナのオペラの初演でも指揮を行っており、『口づけ』(1876年11月7日)、『秘密』(1878年11月18日)の初演で指揮をしている。加えて、『二人のやもめ』の改訂版初演(1878年3月17日)でも指揮者を務めている[1][7]

ドヴォルザークは、1876年の8月から9月の間に、『ピアノ協奏曲』を作曲した。この楽曲は、カレル・スラフコフスキーの依頼で作曲され、初演時はスラフコフスキーのピアノで行われた。この時、チェフが指揮をしている[8]1879年3月25日、ドヴォルザークの『交響曲第5番』、4月23日に『祝典行進曲 ハ長調』の初演も行っている[9]。更には、同年5月16日には、ドヴォルザークの『チェコ組曲』を初演[10][11]。このコンサートでは、『スラヴ舞曲第1集 第1番、第2番、第4番』の管弦楽版初演も行っている[12][13]

1880年12月23日には、プラハの音楽芸術協会の定期演奏会で、ドヴォルザーク初の宗教をテーマにした楽曲である『スターバト・マーテル』を初演した。

ドヴォルザークの『交響曲第6番』の上演は、トラブルが原因で、チェフに初演の指揮が回ってきた。元々、ドヴォルザークは同曲の作曲を依頼したハンス・リヒターに献呈した。そして当初は、リヒターが1880年12月末にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と初演する計画であった。ところが、リヒターが私生活において事情が出来たこと、当時のウィーンにおける反チェコ感情などがあったこと、更にはドヴォルザークが事実上ウィーンでは無名の存在であったこと(当時、ドヴォルザークの交響曲で出版されたものは無かった)などの事情が合わさり、何度も延期されることとなった。結局、ドヴォルザークは、チェフの初演の申し出に応じ、1881年3月25日にプラハで同曲は初演、チェフが指揮した。最終的に、ウィーンでは1883年まで演奏されることはなく、リヒターの指揮ではなかった。リヒター自身はこの曲の指揮を何度も行ったが、ウィーンで指揮することは一度もなかった[14][15][5][16][17]

チェフが所属していた仮劇場は、1881年6月11日国民劇場が開場し、チェフは仮劇場から引き続き国民劇場に所属することになった。国民劇場開場時のこけら落としでは、スメタナの『リブシェ』が上演され、チェフが指揮を行っている[1] 。翌1882年10月29日には、スメタナのオペラ『悪魔の壁』を初演。ただし、このオペラの初演は、オペラ自体の難しさに加えて、リハーサル不足なども相まって失敗に終わっている。このオペラの初演の失敗から数日後、11月5日には、スメタナの連作交響詩『わが祖国』の全6曲通しての初演で指揮棒を振るった[1][18][19]。この初演は成功を収めている。

1882年7月28日、チェフはピョートル・チャイコフスキーのオペラのロシア国外初演、『オルレアンの少女』のチェコ初演でも指揮を行っている[20]

1883年に、チェフは仮劇場[注釈 3](その後、国民劇場)の首席指揮者となり、1900年までその地位にあった[21]

1884年3月28日ズデニェク・フィビフのオペラ『メッシーナの花嫁』を初演。1885年には、リヒャルト・ヴァーグナーのオペラ『ローエングリン』を国民劇場初上演[1]。チェフは、この後、1894年にヴァーグナーの『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の国民劇場初上演でも指揮をしている。

1887年6月15日、ドヴォルザークのオペラ『王様と炭焼き』改訂3版の初演をしている[22]

同年11月2日ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』世界初演100年祭でも指揮している[1]

1888年3月、チェフはドヴォルザークの『交響曲第2番』を初演。同曲は1865年に完成していたが、その際には初演されることなく、いくらか改訂をくわえて、初演された[15]。この初演が、ドヴォルザーク存命中に行われた『交響曲第2番』の唯一の上演であった。この初演で、チェフはドヴォルザークの交響曲を3曲初演したことになり、結果的にドヴォルザークの交響曲を最も多く初演した指揮者となった[注釈 4]

チェフは、チャイコフスキーのオペラ『エフゲニー・オネーギン』のチェコ初上演のために、オーケストラの練習で指揮を行っている。これは、同オペラのロシア国外初上演でもあり、台本はマリエ・チェルヴィンコヴァー=リエグロヴァーによってチェコ語に翻訳されたものを使用した。ただし、1888年12月6日のチェコ初上演では、指揮を作曲者でもあるチャイコフスキーが担っている。1892年10月12日には、チャイコフスキーのオペラ『スペードの女王』(チェコ語翻訳版)の国民劇場でのチェコ初上演でも指揮を行っている。この初上演は作曲者であるチャイコフスキーも観劇している[20]

1893年には、スメタナのオペラ『売られた花嫁』をベルリンで初上演し、大きな成功を収めた[1]

1897年12月28日、フィビフのオペラ『シャールカ』の初演を国民劇場で行う[23]1898年6月19日、ドヴォルザークのオペラ『ジャコバン党員』改訂版の初演を行った[24]。同年8月6日には、ユリウス・ゼイエル英語版の劇『ラドゥースとマフレナ』の付随音楽(ヨセフ・スク作曲)を初演[1]1899年4月23日、ドヴォルザークのオペラ『悪魔とカーチャ』を初演した。

1903年12月27日にプラハで死去。62歳没。遺体は、プラハのオルシャンスケー墓地チェコ語版に埋葬された[1]

チェフが指揮した主な初演[編集]

上演日 ジャンル 日本語タイトル 原語タイトル 作曲者 備考
チェコ初上演 1864年 歌劇 地獄のオルフェ Orpheé aux Enfers ジャック・オッフェンバック
チェコ初上演 1870年 歌劇 盗賊 Les brigands ジャック・オッフェンバック
チェコ初上演 1871年 歌劇 La Princesse de Trébizonde ジャック・オッフェンバック
チェコ初上演 1872年 歌劇 雪玉 Snowman ジャック・オッフェンバック
チェコ初上演 1873年 歌劇 Les braconniers ジャック・オッフェンバック
チェコ初上演 1874年 歌劇 青ひげ Barbe-bleue ジャック・オッフェンバック
チェコ初上演 1874年 歌劇 美しきエレーヌ La belle Hélène ジャック・オッフェンバック
プラハ初上演 1875年 管弦楽曲 交響曲第3番『ライン』 Symphonie Nr. 3 "Rheinische" ロベルト・シューマン
世界初上演 1875年4月4日 管弦楽曲 ヴルタヴァ Vltava ベドルジハ・スメタナ 連作交響詩わが祖国』第2曲
世界初上演 1876年4月17日 歌劇 プルジェデフラ・ヴァンダ Předehra Vanda アントニン・ドヴォルザーク
世界初上演 1876年11月7日 歌劇 口づけ Hubička ベドルジハ・スメタナ
世界初上演 1876年12月10日 室内楽曲 弦楽セレナーデ Smyčcová serenáda アントニン・ドヴォルザーク
世界初上演 1876年12月10日
1877年3月17日説有
管弦楽曲 シャールカ Šárka ベドルジハ・スメタナ 連作交響詩わが祖国』第3曲
改訂版初上演 1878年3月17日 歌劇 二人のやもめ Dve vdovy ベドルジハ・スメタナ 改訂最終版
世界初上演 1878年3月24日 室内楽曲 ピアノ協奏曲 Koncert pro klavír a orchestr アントニン・ドヴォルザーク
世界初上演 1878年9月18日 歌劇 秘密 Tajemství ベドルジハ・スメタナ
世界初上演 1879年3月25日 管弦楽曲 交響曲第5番 Symfonie č. 5 アントニン・ドヴォルザーク
世界初上演 1879年4月23日 管弦楽曲 祝典行進曲 Slavnostní pochod アントニン・ドヴォルザーク
世界初上演 1879年5月16日 管弦楽曲 チェコ組曲 Česká suita アントニン・ドヴォルザーク
世界初上演 1879年5月16日 管弦楽曲 スラヴ舞曲第1集、第1番、第2番、第4番 Slovanské tance I. řada Č.1, Č.2, Č.4 アントニン・ドヴォルザーク 管弦楽編曲版
世界初上演 1880年12月23日 教会音楽 スターバト・マーテル Stabat Mater アントニン・ドヴォルザーク
世界初上演 1881年3月25日 管弦楽曲 交響曲第6番 Symfonie č. 6 アントニン・ドヴォルザーク
世界初上演 1881年6月11日 歌劇 リブシェ Libuše ベドルジハ・スメタナ
ロシア国外初上演 1882年7月28日 歌劇 オルレアンの少女 Орлеанская дева ピョートル・チャイコフスキー
世界初上演 1882年10月29日 歌劇 悪魔の壁 Čertova stěna ベドルジハ・スメタナ
世界初上演 1882年11月5日 管弦楽曲 わが祖国 Má Vlast ベドルジハ・スメタナ
世界初上演 1884年3月28日 歌劇 メッシーナの花嫁 Nevěsta messinská ズデニェク・フィビフ
改訂版初上演 1887年6月15日 歌劇 王様と炭焼き Král a uhlíř アントニン・ドヴォルザーク 第3改訂版
世界初上演 1888年3月11日 管弦楽曲 交響曲第2番 Symfonie č. 2 アントニン・ドヴォルザーク
ロシア国外初上演 1892年10月23日 歌劇 スペードの女王 Пи́ковая дама ピョートル・チャイコフスキー
ベルリン初上演 1893年 歌劇 売られた花嫁 Prodaná nevěsta ベドルジハ・スメタナ
世界初上演 1897年12月28日 歌劇 シャールカ Šárka ズデニェク・フィビフ
改訂版初上演 1898年6月19日 歌劇 ジャコバン党員 Jakobín アントニン・ドヴォルザーク
世界初上演 1898年8月6日 劇付随音楽 劇付随音楽『ラドゥースとマフレナ』 Radúz a Mahulena ヨセフ・スク
世界初上演 1899年6月19日 歌劇 悪魔とカーチャ Čert a Káča アントニン・ドヴォルザーク

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 存命時は、1867年まではオーストリア帝国、それ以降はオーストリア=ハンガリー帝国
  2. ^ スメタナが仮劇場の指揮者になる前、仮劇場の首席指揮者であった。
  3. ^ 国民劇場は会場から間もなく火災により焼失し、1883年末に再開場した。その焼失から再開場までの間、一度は国民劇場内に吸収された仮劇場が、別の場所に同名で復活し、活動していた。
  4. ^ チェフは、『交響曲第2番』、『交響曲第5番』、『交響曲第6番』の初演で指揮した。この他のドヴォルザークの交響曲の初演については、『交響曲第7番』、『交響曲第8番』がドヴォルザーク自身が指揮し、『交響曲第3番』、『交響曲第4番』がスメタナ、『交響曲第9番『新世界より』』がアントン・ザイドル、『交響曲第1番『ズロニツェの鐘』』がミラン・サックス英語版の指揮の下、それぞれ初演された

脚注[編集]

関連項目[編集]