アサカ (ウズベキスタン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アサカ
Asaka / Асака
アサカの位置
アサカ
位置図
座標: 北緯40度38分 東経72度14分 / 北緯40.633度 東経72.233度 / 40.633; 72.233
Flag of Uzbekistan.svg ウズベキスタン
アンディジャン州
行政
 - 種別
 - 市長
標高 505m (1,657ft)
人口 (2012年)
 - 計 62,849人
等時帯 UTC+5
郵便番号 170202[1]
市外局番 +998-74

アサカウズベク語: Asaka, Асакаロシア語: Асака)はウズベキスタンアンディジャン州の都市である。州都アンディジャンより22km南西にある。推定人口6万人[2]

概要[編集]

ソビエト連邦統治下の1920年ボリシェヴィキ党党首のイサーク・ゼレンスキーの名前をとってゼレンスク (Зеленск) と名付けられる。市としては、1938年にゼレンスキー失脚後ソビエト連邦で実権を握ったウラジーミル・レーニンの名前をとり、レーニンスク ((Ленинск) として設立された[3]。ソビエト連邦崩壊後現在の名前に改名された。

主な産業は自動車組立と紡績業である。自動車組立では、韓国大宇自動車との合弁会社ウズデウオート英語版が中央アジア初の自動車会社として1996年に設立され[4]2010年に16万台の自動車製造を行なっている[5][6]。現在は大宇自動車のGM韓国への改名に伴い、GMウズベキスタンという名前に変更されている[7][8][9]。紡績業では、アサカ紡績 (Asaka Textile) が操業を行なっている[10]。また、付近の街でとれる天然ガス石油の採掘事業も盛んである。

教育機関[編集]

  • アサカ市第1学校[11]
  • アサカ市第7学校[12]

交通[編集]

ウズベキスタン鉄道アサカ駅が開通している。

出身人物[編集]

出典[編集]

  1. ^ Postal Code Search - Asaka postcodesdb.com、2012年10月28日閲覧。
  2. ^ World Gazetteer - Asaka population-statistics.com、2012年10月28日閲覧。
  3. ^ Ленинск (город в Узбекской ССР) slovari.yandex.ru、2012年10月28日閲覧。
  4. ^ ウズベキスタン自動車部品産業 P.6 - 日本貿易振興機構海外調査部 日本貿易振興機構(ジェトロ)、2010年10月、2012年10月28日閲覧。
  5. ^ 【ウズベキスタン―販売】シボレー「スパーク」、ウズベキスタンで発売 auto-affairs.com、2010年8月27日掲載、2012年10月28日閲覧。
  6. ^ Automobile industry uzinfoinvest.uz、2012年10月28日閲覧。
  7. ^ INDUSTRIAL POTENTIAL uzbekembassy.org、2012年10月28日閲覧。
  8. ^ 平成21 年度「ウズベキスタンの繊維機械市場調査」 日本貿易振興機構(ジェトロ)、2010年3月、2012年10月28日閲覧。
  9. ^ 韓国企業の海外進出戦略~中央アジア地域を例に~ 一般社団法人海外環境協力センター、2012年10月28日閲覧。
  10. ^ ООО «Qoqon Asaka Textile» asakainvest.uz、2012年10月28日閲覧。
  11. ^ 平成14年度 草の根無償資金協力 - アンディジャン州アサカ市第1学校機材供与計画 政府開発援助ODAホームページ、2012年10月28日閲覧。
  12. ^ 2005年度草の根・人間の安全保障無償資金協力案件 - アンディジャン州アサカ市第7学校機材供与計画 政府開発援助ODAホームページ、2012年10月28日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度38分 東経72度14分 / 北緯40.633度 東経72.233度 / 40.633; 72.233