ヤンギユル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤンギユル
Yangiyo‘l / Янгийўл
ヤンギユルの位置
ヤンギユル
ウズベキスタン国内の位置
座標: 北緯41度06分45秒 東経69度02分48秒 / 北緯41.11250度 東経69.04667度 / 41.11250; 69.04667
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン
タシュケント州
地区 ヤンギユル地区
設立年 1934年
行政
 - 種別
 - 市長
標高 350m (1,148ft)
人口 (2012年)
 - 計 77,331[1]
等時帯 ウズベキスタン標準時 (UTC+5)
郵便番号 112001-112017[2]
市外局番 +998-70

ヤンギユル (ラテン文字:Yangiyo‘l, Yangiyul、ウズベク語: Yangiyo‘l / Янгийўлロシア語: Янгиюль) はウズベキスタンタシュケント州都市である。州都のタシュケントからは南西に約28kmの位置にある。2012年の人口は77,331人となっている[1]。「ヤンギヨル」、「ヤンギユリ」と表記されることもある[3]

概要[編集]

街の歴史は1899年、この地に「カウフマンスカヤ」というウズベキスタン鉄道の駅ができたことに始まる。それからしばらくはキシュラコムと呼ばれていたが、1934年に都市として設立された。 街の主な産業は織物製紙精油事業、菓子ワインウォッカなどの食品産業である。2002年の調査では、この都市の付近でヘロインのような注射薬物使用によりHIV感染が広まる事件が発生している[4]。街の民族構成としてはウズベク人が多数を占めるほか、タジク人カザフ人ロシア人タタール人高麗人などが住んでいる。


交通[編集]

首都タシュケントのすぐ傍にあるため交通量が多い。街にはアジアハイウェイ7号線タシュケントタジキスタンドゥシャンベを結ぶ高速道路M34が通っており、タシュケントからブハラカルシへと続くウズベキスタン鉄道の駅がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b Uzbekistán: Las ciudades más grandes con estadísticas de población”. population-statistics.com. 2012年12月11日閲覧。
  2. ^ Postal Code Search - Yangiyul postcodesdb.com、2012年12月11日閲覧。
  3. ^ カミロフ,アブドゥラジズ・ハフィゾヴィチウズベキスタン共和国外務大臣略歴”. 外務省公式サイト. 2012年12月11日閲覧。
  4. ^ Chapter 8 COUNTRY PROFILE:UZBEKISTAN - HIV/AIDS Epidemiological Profile”. 世界銀行. 2012年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯41度06分45秒 東経69度02分48秒 / 北緯41.11250度 東経69.04667度 / 41.11250; 69.04667