アウルトニ・マグヌッソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Iceland.svg これはアイスランド人の名前です。姓にみえる部分は父称あるいは母称であり、の名前としてのではありません。この記事で取り扱っている人物は、正式には個人名アウルトニで呼ばれます。

アウルトニ・マグヌッソン[1](Árni Magnússon 原語の発音;アウルニ・マグヌッソン、1663年11月13日 - 1730年1月7日)は、アイスランドの学者、写本蒐集家。アールニ・マグヌースソン[2]などとも。

人生[編集]

1663年にアイスランド西部のダーラシスラ (Dalasýsla) 県クヴェンナブレカ (Kvennabrekka) に生まれた。コペンハーゲン大学で学ぶためにデンマークに渡り、王室の古物研究家 Thomas Bartholin の元で6年間助手として働いた。2年間ドイツを旅したのち、1697年にデンマークに戻ってきて、デンマークの王立文書館の事務員となった。48歳になったとき、コペンハーゲン大学でデンマークの古物研究に関する教授となった。

1700年にアイスランドに戻り、そこで10年間を過ごしたのちコペンハーゲンに戻り、その後はそこで教授・司書として生涯を全うした。

彼は自身の生涯の多くを写本の蒐集に費やし、主に彼の生地であるアイスランドの写本を萃めただけでなく、他の北欧諸国の写本も蒐集していた。彼のコレクションは、個人によるこの手のコレクションとしては最大級の規模を誇り、アウルトニ・マグヌッソン写本コレクションとして知られている。かつてはコペンハーゲンに収蔵されていたが、今は一部アイスランドに返還されており、コペンハーゲンとレイキャヴィークに分割して保存されている。

影響[編集]

旧100アイスランド・クローナ紙幣に彼の肖像が描かれていた。

アイスランドのノーベル文学賞作家ハルドル・ラクスネスの小説『アイスランドの鐘』の登場人物の一人 Arnas Arnaeus は彼をモデルとしている。

コペンハーゲンとレイキャヴィークにある教育研究機関に彼の名が冠されており、それぞれレイキャヴィークのアウルトニ・マグヌッソン研究所英語版とコペンハーゲンのアルナマグネア研究所英語版と呼ばれ、彼が蒐集した写本群の保存および研究を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ 菅原邦城シーグルズル・ノルダル『巫女の予言 エッダ詩校訂本』(東海大学出版会、1993年初版第1刷、ISBN 4-486-01225-9)p.43 に見られる表記。
  2. ^ 谷口幸男訳、V・G・ネッケル他編『エッダ 古代北欧歌謡集』(新潮社、1973年、ISBN 978-4-10-313701-6)p.285 に見られる表記。

外部リンク[編集]