アウフゼス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen von Aufseß.svg Lage des Landkreises Bayreuth in Deutschland.png
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: オーバーフランケン行政管区
郡: バイロイト郡
市町村連合体: ホルフェルト行政共同体
緯度経度: 北緯49度53分03秒 東経11度13分45秒 / 北緯49.88417度 東経11.22917度 / 49.88417; 11.22917座標: 北緯49度53分03秒 東経11度13分45秒 / 北緯49.88417度 東経11.22917度 / 49.88417; 11.22917
標高: 海抜 414 m
面積: 29.41 km2
人口:

1,271人(2020年12月31日現在) [1]

人口密度: 43 人/km2
郵便番号: 91347
市外局番: 09198, 09274, 09204
ナンバープレート: BT, EBS, ESB, KEM, MÜB, PEG
自治体コード:

09 4 72 115

行政庁舎の住所: Schulstraße 145
91347 Aufseß
ウェブサイト: www.aufsess.de
首長: アレクサンダー・シュリューファー (Alexander Schrüfer)
郡内の位置
Aufseß in BT.svg
地図

アウフゼス (ドイツ語: Aufseß) は、ドイツ連邦共和国バイエルン州オーバーフランケン行政管区バイロイト郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ホルフェルト行政共同体を形成する。この村は、古城街道およびフランケン・ビール街道に面したフレンキシェ・シュヴァイツに位置している。

Aufsess1.jpg

歴史[編集]

アウフゼスの領主は1079年に文献上初めて言及されている。ウンターアウフゼスおよびオーバーアウフゼスの城はともに、現在アウフゼス男爵家の住居となっている。アウフゼス男爵家の領主権は、1806年陪臣格に格下げられ、ライン同盟によってバイエルン王国に属することになった。バイエルン王国の行政改革の時代、1818年の自治体令により、現在の自治体となった。

最もよく知られたアウフゼス家の代表的な人物は、ニュルンベルクゲルマン国立博物館の創始者であるハンス・フォン・アウスゼスである。

詩人ヨーゼフ・フィクトル・シェッフェルは、連作詩集「Exodus cantorum」の中の「Rose auf blauem Schilde」で、アウフゼスの村を描いている。

地理[編集]

自治体の構成[編集]

この町は、公式には10の地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • アウフゼス
  • ヘッケンホーフ
  • ホッホシュタール
  • フンツホーフ
  • ノイハウス
  • ザクセンドルフ
  • ツォーヒェンロイト

特産品[編集]

アウフゼスの村

アウフゼスは、ビール醸造所密度が最も高い村と認定され、2001年のギネスブックに掲載された。1,500人ほどの人口に対して、4つのビール醸造所がある。

  • ライヒョルト醸造所、ホッホシュタール地区
  • ローテンバッハ醸造所、アウフゼス地区
  • シュタットラー醸造所、ザクセンドルフ地区
  • カチ=ブロイ、ヘッケンホーフ地区

別名「世界記録の醸造所」は、全長約16kmの「醸造所通り」で結ばれている。この通りは、4つの醸造所に沿って景観の美しい場所を通り、休憩所も用意されている。4つの醸造所すべてで黒の強い地ビールを試飲して、最後の醸造所で申請をすれば、「世界記録の醸造所によるフランケンの名誉ビール飲み」の称号がもらえる。

引用[編集]

外部リンク[編集]

(いずれもドイツ語サイト)