アイリス・アプフェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイリス・アプフェル
Iris Apfel at MIFF.jpg
Iris Apfel at O Cinema Miami Beach to present IRIS
生誕 (1921-08-29) 1921年8月29日(100歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区アストリア
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業インテリアデザイナー、実業家、ファッションアイコン

アイリス・アプフェル: Iris Apfel1921年8月29日[1] - )は、アメリカ合衆国インテリアデザイナー実業家ファッションアイコン[2]

化粧品ブランドのMAC Cosmetics英語版とのコラボレーションコレクションをはじめ、ニューヨーク百貨店バーグドルフ・グッドマン英語版 でのウィンドウディスプレイの展示、世界各地でのワードローブの展覧会が行われている[2]

来歴[編集]

アメリカニューヨーク市クイーンズ区アストリア地区英語版生まれ[3]。両親はともにユダヤ人で、ガラスと鏡を扱う商売をしていた。

4歳の頃よりファッションにこだわりがあり、きちんとした服やファッションについてのルールが嫌いだった。かつてアメリカに存在した「白いボトムを着ても良い期間」についてもインタビューで「馬鹿げてる」と語っている [4]

ニューヨーク大学でアート史を学んだ後、ウィスコンシン大学のアートスクールに入学し、Women's Wear Daily英語版紙に就職[3]

1948年に結婚[5]後、1950年代に夫のカールと家具の修復をする会社「Old World Weavers」を設立し、この会社が後にアンティークのテキスタイルを再現・製造する事業で成功する[4][6]

2005年、ニューヨークのメトロポリタン美術館のコスチュームインスティチュート(: Costume Institute)で、服とジュエリーの展覧会「Rara Avis: Selection from the Iris Apfel Collection」を開催[1][7]

2014年、自身のドキュメンタリー映画「Iris」が公開[8]

2015年8月1日、夫カールが死去[9]

2016年3月5日、2014年に公開された映画「Iris」が邦題「アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー」として日本で公開[10]

2018年3月6日、「Iris Apfel:Accidental Icon」発売[11]

書籍[編集]

  • Accidental Icon2018年、出版社:Harper Design)[11]

出演[編集]

映画[編集]

  • 『アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー』(2014年: Iris)- 本人のドキュメンタリー映画。日本での公開は2016年3月。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b IRIS APFEL AND HER HUSBAND CARL'S ADORABLE LOVE STORYアイリス・アプフェルと夫・カールの素敵なラブストーリー”. HEARST FUJINGAHO. 2018年5月19日閲覧。
  2. ^ a b 世界最高齢、93歳のファッショニスタ Iris Apfel (アイリス・アプフェル) とは”. THE FASHION POST. 2018年5月19日閲覧。
  3. ^ a b 1921年、アイリス誕生”. BAZZAR. 2018年5月19日閲覧。
  4. ^ a b 『アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー』公開!世界最高齢のファッションアイコン、アイリス・アプフェルが語る“スタイル哲学””. ELLE. 2018年5月19日閲覧。
  5. ^ 1948年、ふたりは結婚”. HEARST FUJINGAHO. 2018年5月19日閲覧。
  6. ^ 1950年、ふたりは「Old World Weavers」を設立”. HEARST FUJINGAHO. 2018年5月19日閲覧。
  7. ^ 2005年、アイリスの個人コレクションが展覧会に”. HEARST FUJINGAHO. 2018年5月19日閲覧。
  8. ^ Iris (2014)”. IMDb. 2018年5月19日閲覧。
  9. ^ 2015年、カールが亡くなる”. HEARST FUJINGAHO. 2018年5月19日閲覧。
  10. ^ 11 INSPIRING QUOTES FROM IRIS APFEL 94歳のファッションアイコン、アイリス・アプフェルのスタイル名言集”. HEARST FUJINGAHO. 2018年5月19日閲覧。
  11. ^ a b Iris Apfel on Her New Book ‘Accidental Icon’” (英語). WWD. 2018年5月19日閲覧。

外部リンク[編集]