やまと山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
やまと山脈
所在地 南極大陸
位置 南緯71度30分00秒 東経35度40分00秒 / 南緯71.50000度 東経35.66667度 / -71.50000; 35.66667座標: 南緯71度30分00秒 東経35度40分00秒 / 南緯71.50000度 東経35.66667度 / -71.50000; 35.66667
最高峰 福島岳
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

やまと山脈(やまとさんみゃく、大和山脈: Yamato Mountains[1])は、南極大陸ドローニング・モード・ランド山脈[2]昭和基地から約300km南西に位置する[2]。範囲は南緯71度14分 - 45分、東経35度25分 - 36度5分[1]。標高は約1800m前後であり、最高峰は福島岳の2,470m[2]ベルギーファビオラ王妃にちなんで、クイーン・ファビオラ山脈: Queen Fabiola Mountains, : Monts Reine Fabiola[3][4])とも呼ばれる[2]

1937年2月6日、ノルウェーのラルス・クリステンセン英語版隊が、飛行中に山脈を目撃したと報告したが、詳細な調査は行われず、未確認のまま「1937年山脈」という通称で呼ばれていた[5][6][7][8]1960年10月、ベルギー南極観測隊のギド・デローム(Guido Derom)らが、昭和基地への飛行中に存在を確認した[9][10]。日本の南極観測隊の第4次越冬隊(鳥居鉄也越冬隊長)が1960年11月1日から12月15日にわたって初めて踏査した[2][11][12][13]

1961年2月、日本の南極地域観測統合推進本部はこの山脈を正式に「やまと山脈」と命名した。このとき、同時に「福島岳」および「みずほ平原英語版」「白瀬氷河」も命名されている[5][6][14][1]。一方、ベルギー隊では、山脈の存在を先に視認したこと、空中写真を撮影したことを根拠として山脈発見の優先権を主張し、1960年12月に「クイーン・ファビオラ山脈」と命名している[5][15][16]

日本の南極観測隊がこの山脈において、数千個の隕石を発掘、回収したが、この中にはが起源の隕石も多数含まれる[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 文部省 『南極観測二十五年史』 大蔵省印刷局1982年1月20日、486-493頁。 
  2. ^ a b c d e 『コンサイス地名辞典 外国編』、三省堂、1977年7月、P1075。
  3. ^ U.S. Geological Survey Geographic Names Information System: Queen Fabiola Mountains”. GNIS. 2018年1月28日閲覧。
  4. ^ Reine Fabiola, Monts”. SCAR Composite Gazetteer. Australian Antarctic Division. 2018年1月28日閲覧。
  5. ^ a b c “南極四地形に命名 「やまと山脈」など 「昭和基地」に次ぎ二度目”. 朝日新聞: p. 11. (1961年2月8日) 
  6. ^ a b “南極に四つの日本名 「みずほ平原」「福島岳」などきめる”. 読売新聞: p. 9. (1961年2月8日) 
  7. ^ 木崎 1982, p. 142.
  8. ^ 木崎 2012, p. 52.
  9. ^ 木崎 1982, p. 151.
  10. ^ 木崎 2012, p. 73.
  11. ^ 木崎 1982, pp. 140-163.
  12. ^ 木崎 2012, pp. 98-119.
  13. ^ 吉田栄夫 「東南極やまと山脈の地形について」、『南極資料』 (国立科学博物館)第13号3-6頁、1961年10月ISSN 0085-7289NAID 110001181150http://id.nii.ac.jp/1291/00007126/ 
  14. ^ 原田美道 「南極の地名」、『南極資料』 (国立科学博物館)第20号90頁、1964年2月ISSN 0085-7289NAID 110001181219http://id.nii.ac.jp/1291/00007319/ 
  15. ^ 木崎 1982, pp. 152-153.
  16. ^ 木崎 2012, pp. 98-99.
  17. ^ 矢内桂三「南極で発見された月起源隕石」(惑星地質ニュース第2巻3号) (PDF)

参考文献[編集]

  • 木崎甲子郎 『南極航海記』 築地書館、1982年12月1日 
  • 木崎甲子郎 『極限の雪原を越えて――わが南極遊記』 成山堂書店、2012年12月18日ISBN 978-4-425-57061-4 

関連項目[編集]