やのひでのり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

やの ひでのり(本名:矢野英理 )は、劇作家脚本家劇団参人芝居主宰。福岡県出身。千葉県浦安市在住。年齢非公開。

経歴[編集]

主な作品[編集]

病院を舞台とした、精神世界を描く作品が多い。 これは、やのの親族に医療関係者が少なくなく(やの本人は鍼灸師の国家資格所有)、幼少の頃から病院に関わることがあったためと推測される。

脚本[編集]

  • ブドリよ、私は未だ眠ることができない(テアトロ 通巻680号、全文掲載)
  • 長い夢のあとで
  • 銀河の祭りの夜に
  • 人間機械論
  • 幽閉の踊り子
  • デイ・ケア
  • カゾクゲーム
  • ミロク
  • 男と方舟
  • 沸点
  • さようならギャングたち
  • あれかこれか キルケゴールとレギーネの物語
  • アニマアニムス
  • 僕たちの逃走
  • 仏教学入門 道元の悩み
  • 捨て犬達のエレジー
  • キープハンズ
  • DOGS
  • モーニングワーク(喪の仕事)
  • 敵前逃亡の弥勒菩薩
  • 男と方舟
  • 級友
  • D51(第51病棟)
  • 夏みかんの島にて(ダ・カーポ掲載)
  • 閉ざされた雪の山荘で(原作 東野圭吾 青年座・山口あきら演出 書き下ろし)
  • スメル男(原作 原田宗典 青年座・山口あきら演出 書き下ろし)
  • 都会の救世主(ラジオドラマ NHK大阪)
  • ARISA(ショートフィルム)
  • ゆうゆうライフ(ショートフィルム)
  • おろかもの(ショートフィルム)

外部リンク[編集]