みなと観光バス (南あわじ市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みなと観光バス株式会社
MINATOKANKOBUS Inc.
Minatokankobus Headoffice.JPG
みなと観光バス本社
種類 株式会社
本社所在地  日本の旗 日本
656-0326
兵庫県南あわじ市志知南9番地1
設立 1987年9月29日
業種 陸運業
法人番号 6140001085814
事業内容 貸切バス事業、乗合バス事業
代表者 代表取締役 池田 剛久
資本金 6000万円
従業員数 28名
主要子会社 みなとタクシー
外部リンク http://www.minatokankobus.com/
テンプレートを表示

みなと観光バス株式会社(みなとかんこうバス)は、兵庫県南あわじ市を中心とした地域でバスを運行する事業者である。なお、同じ兵庫県内で神戸市にも同名の企業があるが、両社は全くの無関係である。ただ、三宮駅バスのりばでは両社のバスを同時に見ることができる。スルッとKANSAI協議会に加盟しており[1]、2019年度までにICカードサービスの導入を予定している[2]

現行路線[編集]

淡路島特急線[編集]

淡路島特急線は、みなと観光バスが運行する神戸市三ノ宮)と南あわじ市陸の港西淡)を結ぶ高速バス路線。座席は定員制で、1日8往復運行されている。また、下り最終便(本州から淡路島への最終便)は日付を跨いでの運行となっている。

2005年の運行当初は「大阪・神戸 - 淡路島特急線」として、大阪OCAT(なんば)から三ノ宮を経由して陸の港西淡までを結んでいた。その後、大阪側の起点が大阪弁天町(弁天町日交高速バスターミナル)へ延伸されたが、2009年には大阪弁天町から三ノ宮までの区間は休止され、路線名も「淡路島特急線」となった。

同時に、それまでみなと観光バスと日交シティバス日本交通の子会社)の共同運行であったものが、みなと観光バス単独運行となった。なお、それ以降も神戸側の発券業務は日本交通が行っている。

歴史
停留所
(弁天町日交高速バスターミナル - 大阪OCAT) - 三宮バスターミナル - 北淡IC - 津名一宮IC - 洲本IC - 榎列 - 陸の港西淡
※かっこ内は2009年に休止された。
車両
三菱ふそう・エアロバス(2015年2月20日からは三菱ふそう・エアロエースも)が使用される。
  • 貸切用車両を使用しているので一般的な高速路線バスの設備(降車ボタンや運賃・停留所表示器)とは異なり、ガイド用の座席を見ることができる。だが、導入を進めているエアロエースでは頭上の読書灯・送風ユニットにビルトインの降車ボタンが設置されている。エアロバスでは停留所案内も運転手によるものであるが、エアロエースでは女性の声で収録された録音放送が用いられている。また、淡路島と本州を結ぶバスでは初となる無料の車内Wi-Fi環境を整備した(パスワードはシートポケットのしおりに記載)。お手洗いの設備あり。エアロエースは衛生的な真空式トイレを採用している。
乗車券
普通乗車券のほか、往復乗車券(二枚綴りの回数券)が設定されている。定期乗車券の設定はない。乗車券販売場所は外部リンクを参照。

コミュニティバス[編集]

コミュニティバス「らん・らんバス」用車両、2008年4月から「せい太くんバス」と共通で使用

南あわじ市コミュニティバス

らん・らんバス
らん・らんバスを参照。
せい太くんバス
淡路交通から淡路タクシーに移管後、南あわじ市コミュニティバス(せい太くんバス)として運行、2008年5月1日に上記の「らん・らんバス」へ編入された。

脚注[編集]

  1. ^ スルッとKANSAIについて”. スルッとKANSAI. 2017年10月26日閲覧。
  2. ^ 淡路地域に乗り入れる高速バスのICカードサービス開始 (PDF)”. 兵庫県 淡路県民局 (2016年11月7日). 2017年10月26日閲覧。

外部リンク[編集]