まりも号脱線事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まりも号脱線事件
場所 日本の旗 日本北海道上川郡新得町
標的 国鉄の列車
日付 1951年5月17日
午前1時25分 (JST)
概要 破壊活動によって、脱線転覆を図った列車往来危険事件
原因 何者かがレールを故意にずらしたこと
攻撃手段 レールの継ぎ目板を外し、レールを4cmずらす
攻撃側人数 不明
負傷者 乗員1名
被害者 乗客約470名
損害 国鉄急行列車まりも
犯人 不明
テンプレートを表示
事故現場に設置された案内板

まりも号脱線事件(まりもごうだっせんじけん)は、1951年昭和26年)に釧路駅発、函館駅行きの急行列車まりも」号が北海道上川郡新得町郊外根室本線(旧線)で脱線させられた未解決事件。何者かがレールを故意にずらし、脱線転覆を図った列車往来危険事件である。専門的な知識技術が要求される犯行であり、多くの日本国有鉄道(国鉄)及び労働組合関係者が捜査対象となったが、特に成果は得られず、未解決事件となった。

概要[編集]

1951年昭和26年)5月17日午前1時25分、上り急行まりも号4レ(C57104+客車9輌+D51番号不詳)は、新得駅を出て狩勝峠にさしかかったところで脱線。蒸気機関車が線路外に逸脱して宙吊り状態になったものの、上り坂速度が出ていなかったこともあり、乗客約470名にケガはなく、機関士1名が軽傷を負うだけの被害で収まった。仮に、勾配を下る列車であったならば、速度も増し、より多くの犠牲者が出る大事故に繋がったものと考えられている。

事件捜査[編集]

原因は、レールの継ぎ目板を外し、レールを4 cm ずらすというものであり、1949年(昭和24年)に発生した松川事件の状況と類似していたこと、また、新得が大規模な労働争議狩勝トンネル争議)が行われていた場所であったことから、警察捜査対象者を国鉄関係者、とりわけ労働組合関係者を重点的に600名ともいわれるほどの規模で事情聴取を行った。一方、まりも号の荷物車には、200万円の現金が積まれていたことから、現金強奪を狙った可能性もあるとして両面からの捜査が行なわれた。

しかし、有力な物的証拠目撃証言等は得られず、捜査は難航。事件解決の名を借りた組合叩きとの批判も噴出する中、詳細は解明されないまま未解決事件となった。

備考[編集]

脱線現場を挟む根室本線の区間は狩勝峠を越える難所で、1966年(昭和41年)に新狩勝トンネル経由の新線に切り替えられた。旧線跡は「狩勝ポッポの道」という遊歩道として整備されており、かつての脱線現場には、新得町教育委員会により案内板が立てられている。

関連項目[編集]