ふるいち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社ふるいち
種類 株式会社
本社所在地 710-0055
岡山県倉敷市阿知2丁目1-8
設立 1956年
業種 飲食店・食品製造販売
法人番号 5260001014621
事業内容 うどん店のチェーン展開、麺類・和菓子の製造販売、食品製造・卸販売
代表者 代表取締役社長 古市了一
資本金 1000万円
売上高 12億円(2009年2月期)
従業員数 270名(パート従業員を含む)
決算期 2月
外部リンク ぶっかけ亭本舗ふるいち
テンプレートを表示

ふるいちは、岡山県倉敷市を中心にうどん店の『ぶっかけ亭本舗ふるいち』のチェーン店舗展開と『ぶっかけうどん』の通信販売を行う企業である。

特徴[編集]

きざみぶっかけ

戦後間もない頃に倉敷駅前で創業されたうどんの老舗。元々は夫婦饅頭(通称;ふうまん)を製造販売している商店であった。(中身は粒餡、種類は赤(小豆)とグリンピースの2種類があった。現在は総社店で冬季限定で赤のみ作られている。仲店では第3日曜の朝市の時のみ販売している。)また、隠れた名物として超大盛りのカキ氷があげられる。

あるとき社長が麻雀をしながらぶっかけうどんを食べていたときに、ぶっかけうどんの専門店の構想を思いついたという。岡山県下では香川県同様古くからセルフ方式のうどん店が点在しており、ふるいちも、仲店のみ接客式店舗で他はセルフ形式をとっている。

チェーン展開を開始した頃より『ぶっかけうどん』を倉敷名物として大々的に宣伝。元々は倉敷中心部の郷土料理だった(詳細はぶっかけうどん参照)ぶっかけうどんを倉敷市の名物として一躍他地域の倉敷市民・岡山県民に認知されるようになった。それが評価され、現在倉敷ブランドに認定されている。

ぶっかけうどんの特徴についてはぶっかけうどんを参照のこと。

事業所[編集]

仲店

沿革[編集]

  • 1948年(昭和23年) - 登記上の所在地に創業。
  • 1956年(昭和31年) - 有限会社古市商店設立。
  • 1990年(平成2年) - 株式会社ふるいちに改組。
  • 2006年(平成18年) - 『ぶっかけうどん』が倉敷市の推進する倉敷ブランドに指定される。
  • 2008年(平成20年) - 本店ビル1階に『古市商店 らうどん』開店。

※ぶっかけ亭本舗ふるいちHPより抜粋

関連項目[編集]

  • ぶっかけうどん
  • 今川焼き
  • 古市了一 - 社長。コーラスグループ「まるぶブラザーズ」を結成して歌手活動をしており、自社レーベル「まるぶレコード」からCDを発売している。

外部リンク[編集]