ばんえいオークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ばんえいオークス
開催国 日本の旗 日本
主催者 帯広市
競馬場 帯広競馬場
創設 1976年5月23日
2014年の情報
距離 ばんえい200m
格付け BG1
賞金 1着賞金110万円[1]
出走条件 3歳牝馬
負担重量 定量(670kg[1]
テンプレートを表示

ばんえいオークスは、帯広市帯広競馬場で施行するばんえい競馬重賞競走である。出走表などでは、名称を「ソメスサドル杯 ばんえいオークス」と表記している[1]

正賞は公益社団法人日本馬事協会会長賞、ソメスサドル株式会社賞、農業法人鎌田きのこ株式会社賞。

概要[編集]

1976年に「ばんえい優駿牝馬(ばんえいゆうしゅんひんば)」の名称で創設された3歳牝馬による重賞競走で、後に現在の名称に変更された[2]。2014年現在はばんえい競馬で唯一の3歳牝馬限定重賞で、3歳牝馬チャンピオン決定戦としても位置付けられており、BG1に格付けされている[2]。また、ばんえい競馬で施行している牝馬限定重賞では唯一のBG1競走でもある[3]

2004年までは帯広競馬場のほか、旭川競馬場岩見沢競馬場北見競馬場でも施行され、数年ごとに開催地を変更しながら行われていた[2]

創設から1993年までは5月開催で定着していたが、1994年より秋季(9月-10月)開催に変更。2003年と2004年は8月に開催したのち、2005年から開催地を帯広競馬場で固定し、施行時期も11月下旬-12月に変更[2]。日本の「オークス」(3歳牝馬限定の重賞競走)としては最も遅い時期に開催されている[2]

競走条件・賞金[編集]

以下の内容は、2016年度現在[1]のもの。

競走条件
3歳牝馬オープン
ばんえい重量:定量(670kg)
賞金
1着賞金は110万円で、以下2着27万5000円、3着13万2000円、4着8万8000円、5着5万5000円[1]

3歳牝馬三冠競走[編集]

北海道市営競馬組合[注 1]が発足した1989年に行われた番組体系の大改革により、3歳馬による三冠競走ばんえい大賞典ばんえい菊花賞ばんえいダービー)が確立した[注 2]のに対し、3歳牝馬の重賞はこの競走のみとなり、ばんえいプリンセス賞は特別競走に格下げとなった。これは、当時所属していた3歳牝馬の頭数が少なかったことが大きく影響している。

2歳の春に行われる能力試験で合格する馬は1980年代から2003年までは牡馬がおおむね全体の8割で牝馬は2割程度にあたる40頭前後と少なく、明け3歳になると賞金不足により出走権を失う牝馬が多かった[注 3]。出走機会の確保のため、同世代の牝馬による競走は2歳夏の白菊賞(2003年以降特別競走に格下げ)と2歳冬の黒ユリ賞、特別競走であるいちい賞(2歳牝馬限定)や桜花特別(3歳牝馬限定、2005年を最後に廃止)のように現在より早い時期に多く組まれていた。

ところが近年の賞金削減に伴い、能力試験に挑む牡馬が大幅に減少したため能力試験に合格する牝馬は大幅に増え、2006年以降は150-200頭程度で推移している。これにより、同世代の牝馬が頂点を争う競走も牡馬と同様に3歳時へと移行が進められた結果、2007年より黒ユリ賞(条件変更)とばんえいプリンセス賞(特別競走から格上げ)を加えて3歳牝馬三冠競走が整備された。

2008年にはニシキエースが初めて三冠制覇を達成したが、2010年以降は再び黒ユリ賞が2歳世代(明け3歳)の重賞に変更された[2]ほかばんえいプリンセス賞も特別競走に格下げ[2]され、3歳牝馬限定の重賞は本競走のみとなった。

歴代優勝馬[編集]

優勝馬の馬齢は2000年まで旧表記、2001年から現表記。

回数 施行日 開催地 天候 馬場
水分
優勝馬 性齢 ばんえい
重量
タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回
1976年5月23日 岩見沢 0.0% バンマサミ 牝4 330 2:05.5 坂本東一 中村清
第2回
1977年5月22日 岩見沢 0.0% オオマサ 牝4 640 1:30.4 山本正彦 (上フ)山本幸一[注 4]
第3回
1978年5月21日 北見 0.0% キヨタカラ 牝4 600 1:42.0 大友榮司 中村清
第4回
1979年5月20日 北見 0.0% アズマヒカリ 牝4 590 2:09.4 佐伯義則 広富幸雄
第5回
1980年5月18日 旭川 0.4% シマノエミー 牝4 600 2:10.3 岩本利春 鵜沼武
第6回
1981年5月24日 旭川 0.9% サクラシエーン 牝4 600 2:29.1 大友榮司 中西関松
第7回
1982年5月23日 旭川 1.1% リユーセイヒメ 牝4 610 2:47.9 水上勲 長野清勝
第8回
1983年5月22日 北見 4.0% マルトクイン 牝4 620 1:55.5 尾ヶ瀬富雄 長野清勝
第9回
1984年5月20日 旭川 0.2% ヤマキクハナ 牝4 620 2:14.3 西康幸 南坂俊雄
第10回
1985年5月19日 旭川 1.0% ダイニコウヒメ 牝4 620 2:16.5 坂本東一 辻本誠作
第11回
1986年5月18日 北見 2.9% ダイアナヒメ 牝4 620 1:52.6 宮崎正徳 中坪時雄
第12回
1987年5月24日 北見 2.3% カツマサオーカン 牝4 620 2:32.3 金山明彦 長谷功
第13回
1988年5月22日 帯広 0.6% ミドリゴゼン 牝4 620 2:13.1 岩本利春 中坪時雄
第14回
1989年5月14日 旭川 4.0% イシノクイン 牝4 620 2:29.3 岩瀬和幸 定塚俊男
第15回
1990年5月13日 北見 2.8% スズコウホマレ 牝4 620 2:09.5 坂本東一 林正男
第16回
1991年5月19日 旭川 0.8% レディカップ 牝4 600 2:09.3 金山明彦 前原芳郎
第17回
1992年5月24日 北見 5.0% キタノハマナス 牝4 620 1:50.2 坂本東一 山田勇作
第18回
1993年5月23日 北見 1.7% ネムロホウシュ 牝4 620 2:21.3 木村卓司 岡田定一
第19回
1994年10月9日 旭川 2.6% ボーナンザクイン 牝4 640 1:53.4 鈴木勝提 荒井実
第20回
1995年10月8日 旭川 2.4% ヤマノルビー 牝4 640 1:53.4 藤野俊一 門脇税
第21回
1996年9月15日 岩見沢 2.1% ダイフジオーカン 牝4 650 1:57.4 鈴木勝提 鈴木邦哉
第22回
1997年9月7日 旭川 0.3% ノースウエーブ 牝4 650 2:23.2 大友栄人 大友榮司
第23回
1998年9月13日 岩見沢 0.3% ハイトップレディ 牝4 650 2:17.3 尾ヶ瀬馨 尾ヶ瀬富雄
第24回
1999年9月12日 旭川 0.5% アーティガール 牝4 650 2:17.4 藤本匠 古田覚造
第25回
2000年9月10日 岩見沢 5.2% コスモカップ 牝4 660 2:06.0 大河原和雄 山田勇作
第26回
2001年9月16日 岩見沢 0.3% シズカヒメ 牝3 660 2:50.5 西弘美 辻本誠作
第27回
2002年9月22日 旭川 0.4% アンローズ 牝3 670 2:22.1 松井浩文 松井浩
第28回
2003年8月31日 岩見沢 0.4% サダエリコ 牝3 660 2:07.3 安部憲二 金山明彦
第29回
2004年8月29日 岩見沢 0.3% エンジュオウカン 牝3 660 2:12.4 鈴木勝提 久田守
第30回
2005年12月11日 帯広 3.7% ウィナーサマー 牝3 660 2:10.9 藤野俊一 大友栄人
第31回
2006年12月10日 帯広 5.8% キキリンドウ 牝3 660 2:00.3 尾ヶ瀬馨 森芳浩
第32回
2007年12月9日 帯広 2.6% ニシキガール 牝3 660 2:16.1 大河原和雄 門脇税
第33回
2008年12月14日 帯広 4.3% ニシキエース 牝3 670 2:01.3 松田道明 金田勇
第34回
2009年12月13日 帯広 5.6% ワタシハスゴイ 牝3 670 1:36.8 藤本匠 皆川公二
第35回
2010年11月28日 帯広 3.0% ダイリンビューティ 牝3 670 1:32.4 細川弘則 小林長吉
第36回
2011年11月20日 帯広 小雨 2.7% アグリコトブキ 牝3 660 1:41.5 鈴木恵介 松井浩文
第37回
2012年12月2日 帯広 3.8% タカラハヤヒメ 牝3 660 1:52.5 大河原和雄 小林長吉
第38回
2013年12月1日 帯広 2.9% ナナノチカラ 牝3 660 1:26.8 鈴木恵介 小北栄一
第39回
2014年11月30日 帯広 2.1% キサラキク 牝3 660 1:38.2 鈴木恵介 金田勇
第40回
2015年11月29日 帯広 2.5% ホクショウモモ 牝3 670 1:40.5 松田道明 松井浩文
第41回
2016年12月4日 帯広 1.5% ホクトノホシ 牝3 670 2:15.8 村上章 村上慎一

脚注[編集]

  1. ^ 岩見沢市旭川市北見市帯広市の4市による一部事務組合。ばんえい競馬の運営を統括する業務を行っていたが、帯広市を除く3市が開催から撤退したため解散した。
  2. ^ それ以前は「ばんえい文月賞」(1988年を最後に廃止)も含めた変則4冠競走といえる体系であった。
  3. ^ 能力試験に合格した220頭あまりの2歳馬のうち2歳のおおむね12月以降は賞金順位201位以下の馬は出走権利を失い、明け3歳の4月以降はそれまでにおおむね2勝に相当する賞金を得た(例年130頭程度)馬以外は再び能力試験に合格しないと出走できなかった。
  4. ^ 同姓同名調教師が2名いたため出身地で区別した。「東川」は東川町、「上フ」は上富良野町

出典[編集]

  1. ^ a b c d e レース成績表・ソメスサドル杯 第40回 ばんえいオークス - 地方競馬全国協会、2015年11月30日閲覧
  2. ^ a b c d e f g 【第39回ばんえいオークス】レースの歴史 - ばんえい競馬、2014年11月30日閲覧
  3. ^ 2014年度ばんえい競馬重賞スケジュール - ばんえい競馬、2014年11月30日閲覧

各回競走結果の出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]