にゃんたん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

にゃんたんは、ポプラ社から出版されている児童書ゲームブックシリーズ。また、その主人公名前

概要[編集]

にゃんたんシリーズは、岡田日出子(絵・構成)、巻左千夫(構成)によって書かれている。ゲームブックのほか、なぞなぞ迷路などがある。

ゲームブックシリーズでは、児童書ゆえに難しい計算やアドベンチャーシートなどは必要ない。ただし、作品によっては入手したアイテムの数などをメモしておく必要がある場合もある。また、選択肢以外でもクイズパズル、迷路などの結果によっても展開が分岐する。間違った選択肢を選んでしまったりパズルを間違えたりすると「ゲームしゅうりょう」となるが、若干展開が戻って再開できるようになっている。「まかい大ぼうけん」は独自のシステムを採用しているため、安易な再開はできなくなっており、難易度が高い。

主な登場人物[編集]

にゃんたん
主人公であるの少年。冒険好きでやんちゃな性格。
チョンぼう
「にゃんたんのゲームブック」にてポッポ姫の家来として初登場。元々ゲームの世界の住人だった筈だが、以降はにゃんたんのパートナーとして様々な冒険を共にすることになる。エセ関西弁でしゃべる。にゃんたんをサポートするが、お調子者な性格の所為でトラブルを招く事もしばしば。「グーチョキパー!」という呪文を唱えることで帽子についた花から光線を出し、道具を合体させたり形状を変化させるという能力を持つ。ただし、花は「なぞなぞ金のりんご」ではディオニュソスに取られた。帽子は水などの液体を入れても水漏れせず、劇中ではバケツや洗面器としての役割も持つ。頭にはカールした髪の毛が一本だけ生えている。ミーコのことが好き。
閻魔大王
「どきどきようかいたいじ」にて初登場。にゃんたんの家のトイレから繋がる地獄にてお化けや妖怪達の管理をしている。にゃんたんの腕を見込んで悪い妖怪や魔王の退治を依頼する。「かいけつゾロリ」シリーズにも登場する。
ミーコ
「わくわくしんでんのひほう」にて初登場。にゃんたんの隣に引っ越してきた猫の女の子。にゃんたん達と共に冒険することもある。にゃんたんよりも背が高く、やや大人びている。

タイトル一覧[編集]

巻左千夫/作 岡田日出子/絵[編集]

  1. にゃんたんのなぞ?なぞ?
  2. にゃんたんのめいろめいろ
  3. にゃんたんのきょうりゅうあそび
  4. にゃんたんのゲームブック
  5. どきどきようかいたいじ にゃんたんのゲームブック
  6. なぞなぞまほうがっせん にゃんたんのゲームブック
  7. はらはらようかいハウス にゃんたんのゲームブック
  8. おにぎり山のかまめし大王 にゃんたんのゲームブック
  9. ドッキリ!かいじゅうじま にゃんたんのゲームブック
  10. わくわくしんでんのひほう にゃんたんのゲームブック
  11. びっくり!ウルトラ大まじゅつ にゃんたんのゲームブック
  12. にゃんたんのウルトラスーパーゲーム (大型本)
  13. まかい大ぼうけん にゃんたんのゲームブック
  14. わーいメルヘンランド にゃんたんのゲームブック(古今東西の御伽噺がモチーフ)
  15. なぞのめいろ王国 にゃんたんのゲームブック

岡田日出子/絵作[編集]

  1. にゃんたんのようかいむらへようこそ!(大型本)
  2. にゃんたんのタイムマシン大ぼうけん(大型本)
  3. にゃんたんのびっくりドアあけゲーム(大型本)  
  4. ゾクゾクッようかいやしき にゃんたんのゲームブック
  5. きっかい!ロボット島 にゃんたんのゲームブック
  6. たいけつ!ヤマタノオロチ にゃんたんのゲームブック(日本神話がモチーフ)
  7. なぞなぞアラビアンナイト にゃんたんのゲームブック(アラビアンナイトがモチーフ)
  8. せんじゅつ山大けっせん にゃんたんのゲームブック
  9. なぞなぞ魔法のくすり にゃんたんのゲームブック
  10. びっくり!ドッキリ!宝さがし にゃんたんのゲームブック
  11. 宇宙なぞなぞ大ぼうけん にゃんたんのゲームブック
  12. なぞのミイラ神殿 にゃんたんのゲームブック
  13. なぞなぞ金のりんご にゃんたんのゲームブック(パリスの審判がモチーフ)

脚注[編集]

関連項目[編集]