ど根性野菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ど根性野菜(どこんじょうやさい)は、通常は畑などで食料として栽培されている大根などの一般的な野菜が突発的かつ非人為的に道路舗装脇やコンクリートなどの僅かな隙間から自然に生えている現象の通称である。

ど根性大根[編集]

大ちゃん[編集]

2005年末、兵庫県相生市の歩道脇に生えた大根が「大ちゃん(だいちゃん)」と名付けられマスコミに取り上げられた。その後、ど根性ナス、ど根性ミカンなど、各地で相次いでど根性野菜が報道された。

ど根性大根の大ちゃんは同年冬、相生市の歩道脇のアスファルトの隙間に生えているのを発見された。ワイドショーで取り上げられ、いつしか「大ちゃん」という愛称も付けられた。しかし、同年11月に何者かによって上半分を折られ、持ち去られてしまった。数日後、上部が元の生えていた場所に戻されているのが見つかり、相生市役所で子孫を残すべく「治療」が行われた。その甲斐あって大ちゃんは一時再生するかに思われたが、1月に突如状態が悪化し、翌2006年2月から宝塚市住化テクノサービスクローン技術を使った採種措置を受けた。同年6月、培養苗が相生市に返還された。大ちゃんのクローンは、地元学校の給食で食べられた。

タロー[編集]

2007年には、神戸市垂水区の住宅街にて主婦がアスファルトから生えている大根を発見した。孫と相談し「タロー」と命名した。

「ど根性」という呼称[編集]

そもそも植物には、人間が目測できない程ゆっくりなスピードではあるがこの現象のように堅い石やコンクリートなどをも突き破って成長する特質がある。ことさら上記のような野菜類を「ど根性」と呼んで話題にするのは本来人間が畑などの柔らかい土の中で栽培しているものが「こんな所から」という意外性からきていると思われる。もちろん植物に「根性」で生え、成長する性質はない。

関連作品[編集]

土根性大根
演歌歌手五月あやのの歌唱する楽曲。2006年11月8日発売のシングル『お前の出番』のカップリング曲として収録。

関連項目[編集]

  • 風化 - 植物が岩石の隙間から生える現象は風化作用の一つである。

外部リンク[編集]