つくね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
つくね(右)とせせり

つくね(捏、捏ね)とは、獣肉や鳥肉(まれに魚肉)などのすり身団子状や状に成形した食品

細かく叩いたり挽いたりした肉に、鶏卵山芋パン粉などのつなぎ生姜醤油などの調味料を加え、擂り合せて団子状や状に成形して作る。

鶏肉のつくねはゴロと呼ばれることもある。細かく刻んだネギ大葉タマネギなどの野菜類や鶏軟骨を加えることもある。

「つくね」とは、種を手や器具で成形した(=捏ねた)ものの総称であり、その素材には依存しない。したがって「つくね=畜肉類」という認識は誤りであり、魚介類やその他の素材によるつくねも存在する。同様に「つみれ=魚肉」という認識も誤りであり、こねた生地を指先やスプーンなどで摘み取ってそのまま鍋や煮汁に入れる(摘み入れる)ものを「つみいれ」「つみれ」と呼ぶ。

つみれとつくねを合わせて(がん)と総称することもある。

調理方法[編集]

  • 煮る(鍋物
  • 焼く(焼き鳥、焼きつくね)
  • 揚げる(揚物)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]