いすゞ・MU-X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

MU-X(ミューエックス)は、いすゞ自動車タイで製造する7人乗りSUVである。

概要[編集]

いすゞ・D-MAXの派生車であるPPV(Pickup-based Passenger vehicle)として開発され、ラダーフレームシャーシを採用している。世界60か国以上、ASEAN地域やオーストラリアなどで販売されている[1]

初代 (2013 - 2020)[編集]

いすゞ・MU-X(初代)
2013-2017 Isuzu MU-X LS-U 4x2 wagon (2018-10-01) 01.jpg
フロント
2013-2017 Isuzu MU-X LS-U 4x2 wagon (2018-10-01) 02.jpg
リア
概要
製造国 タイ王国の旗 タイ
インドの旗 インド
中華人民共和国の旗 中国江鈴汽車
販売期間 2013年-2020年
ボディ
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドア SUV
駆動方式 FR/4WD
パワートレイン
エンジン 4JJ1-TC 直4 3.0 L ディーゼル
4JK1-TC 直4 2.5 L ディーゼル
車両寸法
ホイールベース 2,845 mm
全長 4,825 mm
全幅 1,860 mm
全高 1,825 mm - 1,860 mm
その他
姉妹車 シボレー・トレイルブレイザー
系譜
先代 いすゞ・MU-7
テンプレートを表示

2013年11月1日、MU-7の後継車種として発表[2]ピックアップトラックいすゞ・D-MAXおよびシボレー・コロラドと同様にゼネラルモーターズ (GM) との共同開発車種であり、GMのシボレー・トレイルブレイザーはボディシェルを共有する姉妹車となる。

エンジンは仕向地によって異なるが、4JJ1-TC 直4 3.0L ターボディーゼルと4JK1-TC 直4 2.5L ターボディーゼルが設定される。

沿革[編集]

  • 2013年11月1日、発表。
  • 2014年9月9日、フィリピンで発売開始。[3]
  • 2014年10月1日 2014年度グッドデザイン賞受賞。[4]
  • 2014年11月3日、タイで発売開始から1年で2万台を販売したことが発表された。[5]

2代目 (2020 - )[編集]

いすゞ・MU-X(2代目)
2020 Isuzu MU-X 3.0 Ultimate.jpg
フロント
概要
製造国 タイ王国の旗 タイ
販売期間 2020年 11月-
ボディ
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドア SUV
駆動方式 FR/4WD
パワートレイン
エンジン 4JJ3-TCX 直4 3.0 L ディーゼル
RZ4E-TC 直4 1.9 L ディーゼル
最高出力 3.0L 140kW(190PS)/3,600rpm
1.9L 110kW(150PS)/3,600rpm
最大トルク 3.0L 450Nm/1,600-2,600rpm
1.9L 360Nm/1,800-2,600rpm
変速機 6AT
サスペンション
前:ダブルウィッシュボーン式サスペンション
後:マルチリンク式サスペンション
車両寸法
ホイールベース 2,855mm
全長 4,850mm
全幅 1,870mm
全高 1,875mm
車両重量 1,950-2080kg
テンプレートを表示

2020年10月28日、2代目発表。先代およびD-MAXの性能を引き継ぎつつも、室内空間の向上に加え、電動パーキングブレーキ、電動リフトゲート等の新装置を採用した。また、樹脂リフトゲートの採用や高張力鋼板の採用拡大、ボディ後半部における剛性向上など、車体性能の向上を果たしている。

沿革[編集]

  • 2020年10月28日、2代目 mu-X 発表。タイで11月9日より発売開始[1]
  • 2021年9月27日、ANCAPの衝突安全テストにおいても、最高位の5つ星を獲得した。[6]
  • 2022年10月21日、オーストラリアで2023年モデルを発表[7]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]