いすゞ・ジェミネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジェミネットGEMINETT)は、かつて鈴木自動車工業(現・スズキ)が製造し、いすゞ自動車が販売していた商用車である。

概要[編集]

いすゞ・ジェミネット(初代)
販売期間 1986年 - 1988年
乗車定員 5人
ボディタイプ 3ドアライトバン
エンジン G10型直列3気筒SOHCガソリン993cc 52ps/5500rpm(ネット)
全長 3,670mm
全幅 1,545mm
全高 1,350mm
ホイールベース 2,245mm
車両重量 650kg
最大積載量 300kg
製造事業者 鈴木自動車工業
(現・スズキ)
別名 スズキ・カルタスバン
(OEM供給元)
先代 いすゞ・フローリアンバン
後継 いすゞ・ジェミネットII
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

ジェミネットはフローリアンバン1983年4月に販売終了以降、3年2か月ぶりにラインナップに加えた小型のボンネットバンであり、スズキ・カルタスバンOEM車である。カルタスバンとの相違点はグリルがボディ同色になった事といすゞマークが付いた位であり、ほぼカルタスバンと共通となっている。形式はAA43Z。エンジンは1000ccのG10型で4速MTのみの設定。 このほか、カルタスバンとの相違点はグリル以外、ブレーキブースターが標準で装着されていた。

歴史[編集]

関連項目[編集]