いすゞ・ジェミネットII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジェミネットIIGEMINETT II )は、かつていすゞ自動車富士重工業(現・SUBARU)からOEM供給を受けて販売していたライトバンである。

概要[編集]

いすゞ・ジェミネットII(2代目)
AP8/9型
宮城県仙台市の道路パトロールカー
Isuzu Geminet2.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1988年 - 1993年
乗車定員 2[5]人
ボディタイプ 5ドアライトバン
エンジン EA71
1.6 L水平対向4気筒OHV
76 PS/5,200 rpm
12.0 kgf·m/3,200 rpm
駆動方式 FF / 4WD
変速機 3速AT / 5速MT
サスペンション 前 : ストラット式
後 : セミトレーリングアーム式
全長 4,410 mm
全幅 1,660 mm
全高 1,460 mm
ホイールベース 2,465 mm
車両重量 1,050 kg
最大積載量 300[150] kg
車種 バン4WD
ステアリング ラック&ピニオン
別名 スバル・レオーネバン
(OEM供給元)
先代 いすゞ・ジェミネット
-自動車のスペック表-

ジェミネットIIはジェミネットの後継モデルとして1988年(昭和63年)9月に販売。

1986年に発売された先代のジェミネットがリッターカースズキ・カルタスバンOEM車であったのに対して、ジェミネットIIは3代目スバル・レオーネバン(オールニューレオーネ)のOEM車で、先代よりも一回り大きいカローラバンADバンランサーバンファミリアバンなどと同クラスになったため先代より販売台数が多くなり、いすゞの大型車を使用していた運輸事業者、バス事業者、また4WDモデルを中心として警察・消防をはじめとした官公庁にも導入されていた。

レオーネバンとの変更点は、先代ジェミネット同様に外装はグリルやエンブレム、内装はステアリングのマーク程度で、ほぼOEM元のレオーネバンと共通となっており、コーションラベルもレオーネバン(スバル)のものを使用していた。

エンジンは、1600ccのEA71型水冷式水平対向4気筒OHVガソリンエンジンのみ。 駆動方式は、FFパートタイム4WDの2タイプ。 ミッションは、5速MT、FF車のみ3速ATの設定。 4WD機能は、ベースとなったレオーネバンと同じ副変速機(デュアルレンジ)の付いた構造であった。

1988年9月に先代ジェミネットと入れ替わる形で販売が開始され、1989年11月と1991年3月に小変更・一部改良が行われた後、1993年7月に既存のワンボックス商用車のファーゴバンに統合される型で販売を終了した。 これによって、いすゞのラインナップからフローリアンバンなどから続いたライトバンが消滅する形になった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]