ZELDA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ZELDA
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
ニュー・ウェイヴ(初期)
ワールドミュージック(後期)
活動期間 1979年 - 1996年
レーベル 日本フォノグラム
CBSソニー
Cutting edge
共同作業者 モモヨ(LIZARD
白井良明
佐久間正英
旧メンバー
小嶋さちほ (ベース)
高橋佐代子 (ボーカル)
鈴木洋子 (ギター)
石原富紀江 (ギター)
本村直美 (ギター)
野沢久仁子(ドラムス)
小澤亜子(ドラムス)

ZELDAゼルダ)は、1980年代から1990年代にかけて活躍していた日本ロックバンド。 メンバーが全員女性のガールズバンドの草分け的存在であった。女性グループとしてもっとも長い活動歴を持つことで、ギネスブックにも記載されている。

リーダーの小嶋さちほを中心に、音楽ジャンルも多彩にこなし、パンク、ポップス、ファンク、ブラックミュージック、そしてルーツミュージックと実験的なものを含め取り組み、次世代バンドに影響を与えた。

バンド名は、アメリカ小説家F・スコット・フィッツジェラルドの妻の名前に因んでいるとのこと。

来歴[編集]

  • 1979年、日本のガールズ・パンク・バンドの先駆けであったBOYS BOYSのベーシスト小嶋さちほを中心に結成。新宿ロフトで初ライブを行う。
  • 1980年3月、小嶋が発行していたミニコミ「チェンジ2000」に出したメンバー募集に応募してきた高橋佐代子がボーカルとして加入する。二人が最初にあったのはストラングラーズの来日公演である。当時中学生であった高橋は上下黒づくめの服であったと小嶋は後のインタビューで述べている。同年12月、インディーズ・レーベルのジャンク・コネクションより1st.シングル『ASHU-RA』をリリース。
  • 1981年、ソノシート『ZELDA』をリリース。
  • メジャーデビューは1982年8月25日、日本フォノグラム(後のマーキュリー・ミュージックエンタテインメント。現在はユニバーサルミュージックK.K.に吸収)よりアルバム『ZELDA』とシングル『ミラージュ・ラヴァー』を同時リリース。プロデュースはLIZARDのモモヨであった。なお、当時のメンバーは小嶋、高橋と鈴木洋子(ギター)、野沢久仁子(ドラム)の四人。
  • 1983年に、ギターが鈴木から石原富紀江、ドラムが野沢から小澤亜子に交替。石原はハードロック出身であるにも関わらず、テクニック面では「ヘタウマ」であったが、これが当時のZELDAの雰囲気に適合した。また石原のハーモナイザーを使用した独特のキラキラした音色と、インド音階を上手に組み合わせた中近東的なソロは、現在でも革新的である(ライブアルバム「Dancing Days」で堪能できる)。そしてジャパンスティーヴ・ジャンセンを師と仰ぐ(雑誌「キーボードスペシャル」創刊号より)、小澤は、古今のロックバンドのドラマーには珍しく16ビートを基調とした端正かつタイトなドラミングであり、シーケンサーの操作やシンセサイザーの音色作りにも習熟していた。そして、ムーンライダーズ白井良明をプロデューサーに、ゲストに鈴木慶一を迎えて2nd.アルバム『CARNAVAL』をリリース。ZELDAはニューウェイヴバンドとして不動の地位となった。
  • 1984年には小嶋、高橋の二人が別ユニット『招き猫カゲキ団』としても活動、同年9月、アルバム『第一歌曲集』をリリース。アコースティックの脱力系昭和レトロ、唱歌的要素を持ったユニットであり、聞き手に緊張を強いた当時のZELDAとは正反対の音楽であった。
  • 1985年に所属レコード会社をCBSソニー(ソニー・ミュージックエンタテインメント)に移籍。前作同様、白井良明プロデュースの3rd.アルバム『空色帽子の日』をリリース。
  • 1986年公開の映画『ビリィ・ザ・キッドの新しい夜明け』に、メンバー全員が出演(バンド・ZELDAとして)。
  • 1987年、元四人囃子佐久間正英をプロデューサーに迎えて4th.アルバム『C-ROCK WORK』をリリース。
  • 1988年頃より、小嶋がファンク/ブラックミュージックに傾倒。もともと16ビートを叩いていたドラムの小澤はすんなり対応できたが、8ビートのハードロック出身であり、「ヘタウマ」であった石原は適性を活かせないようであった。(ライヴではファンク特有の16ビートカッティングに苦渋する石原の姿が見られた)。それにより新たに生まれ変わったZELDAの5th.アルバム『SHOUT SISTER SHOUT』をリリース。
  • 1989年、前作以上にファンク/ブラックミュージック色を強めた6th.アルバム『D.R.O.P.』をリリース。
  • 1990年、ギターの石原が脱退。これより約1年間活動を休止、この間に所属レコード会社がavex系のレーベル、cutting edgeに移る。
  • 1991年、ギタリストとして本村直美が加入。世界の各種音楽要素をギターにより表現できる本村の加入により、ZELDAはワールドミュージックを基調とした伸び伸びした音楽に一転した。
  • 1992年、ジャマイカ録音の7th.アルバム『LOVE LIVE LIFE』をリリース。
  • 1993年、プロデュースにサンセッツの井上ケン一、ゲストにスライ・ダンバーイエローマンオーガスタス・パブロなどを迎えたジャマイカ録音の8th.アルバム『FULLMOON PUJAH』をリリース。
  • 1996年、SAYOKO(高橋)のソロ・アルバムや小嶋の沖縄生活などが反映された9th.アルバム『虹色のあわ』をリリースしたが、その後、解散を(活動を継続しないことを)発表。

メンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

カッコ内は発売日

シングル[編集]

以下はインディーズから

  • ASHU-RA (1980年)
  • ZELDA (1981年) ※ソノシート

以下は日本フォノグラムから

  • ミラージュ・ラヴァー (1982年8月25日)

以下はCBSソニーから

  • 黄金の時間 (1986年5月21日) ※12インチシングル
  • Electric Sweetie (1987年4月1日) ※カップリング曲無し

以下はCutting edge(当時は東芝EMIに販売委託)から

アルバム[編集]

タイトルの下は収録曲一覧
以下は日本フォノグラムから

  • ZELDA (1982年8月25日)
    エスケイプ / 真暗闇―ある日の光景― / 月光飛翔(ムーンライト・フライト) / ロボトメイア / 開発地区はいつも夕暮れ / ミラージュ・ラヴァー / 密林伝説 / Ash-Lah / と・ら・わ・れ / ソナタ815
  • CARNAVAL (1983年11月5日
    うめたて / 私の楽団(オーケストラ) / サラブレッド ― ソナタⅡ / Are You “Lucky”? ―ラッキー少年のうた / スローターハウス / 天鵞絨(ビロード)の島 / セイレーン / 東京TOWER / Z-JA-Z / 遊糸飛行

以下はCBSソニーから

  • 空色帽子の日 (1985年10月21日
    DEAR NATURAL / 自転車輪の見た夢 / FOOLISH GO-ER / FLOWER YEARS OLD / WATER LOVER / 湖のステップ(STEP ON THE LAKE) / 小人の月光浴 / 時折の色彩 / 無人号地・357 / ハベラス
  • C-ROCK WORK (1987年4月1日
    夜の時計は12時 / Electric Sweetie / 風の景 -Mind Sketch- / 時計仕掛けのせつな / ファンタジウム / Endless Line / Emotional Beach,Communication Party / Question-1 / MOO -六月はいつも魔の月 / アービルジョー
  • Dancing Days (1988年6月22日) ※ライブ・アルバム
    Dancing Days / Question-1/ Are You “Lucky”? ―ラッキー少年のうた / Ash-Lah / 湖のステップ / 遊糸飛行 / 小人の月光浴 / 浴ビル情 / FOOLISH GO-ER / 黄金の時間
  • SHOUT SISTER SHOUT (1988年10月21日)
    Sky Bohemian / Manhattan Hole / 69times / Darling Missing / My Diamond Your Dynamite / Holiday Everyday / Black Boy Bad Baby / Planet News / Blue Desert / Dancing Days
  • D.R.O.P. (1989年9月21日
    LAZY HEAD / MAGIQ MYSTIQ DISCOTIQ / MIDNIGHT WALK / WELCOME TO MY GARDEN / TUNING YOUR HEART / D.R.O.P. / LADY SADISTIC / HEAVY BABY / FRIENDS&LOVERS / GOLDY まぶしい瞳

以下はCutting edgeから

  • LOVE LIVE LIFE (1992年10月21日)
    廻るい星(everybody everybody around&round) / BROTHER SUN SISTER MOON / JAHPANG島の娘 / MY LITTLE CRYING ―Jamaica Version / 天国と地獄のくりかえし / まやかし都の愚か者 / 宇宙の河をゆく2つの小舟 / KARMA NO.8 / MAMAREAJA / LOVE LIVE LIFE / MY LITTLE CRYING(Single Version)
  • FULLMOON PUJAH (1993年10月21日)
    PUJAH PONG! / 印度の夢 / シャンティ シャンティ / 冷たくしないで / 愛の奇蹟 / ETERNAL LAND / LOVE FAMILY / OM Song / SAYONARA(I Am Your Missing Girl) / 七つの世界のかけら
  • 虹色のあわ (1996年5月2日)
    AWA / おお神様 / Tokyo Time / かなしくて / ぐるぐる(SISTER DRUM) / 赤田首里殿内 / 金木犀 / フラチ・ライフ / 水をくれ / 涙の河 / touch the light of my soul ~魂の光にふれて~ / 冷たくしないで

以下はSony Music House Inc.から

  • GOLDEN☆BEST/ZELDA-time spiral (2003年3月19日)
    [Disc 1]AWA / 金木犀 / 冷たくしないで / LOVE LIVE LIFE / MAGIQ MYSTIQ DISCOTIQ / WELCOME TO MY GARDEN / FRIENDS & LOVERS / Sky Bohemian / Dancing Days / Question-1 / ファンタジウム / 浴ビル情
    [Disc 2]黄金の時間 / 彼の人/BEAUTIFUL RAIN / DEAR NATURAL / 自転車輪の見た夢 / 湖のステップ/STEP ON THE LAKE / 小人の月光浴 / 時折の色彩 / FOOLISH GO-ER / スローターハウス / と・ら・わ・れ / SONATE815 / ASHU-LAH

ビデオ[編集]

関連書籍[編集]

  • 『乙女のロックだんご』 (小嶋さちほ・真保みゆき 共著、1986年1月、ミュ-ジックマガジン社)
  • 『ZELDA物語』 (藤沢映子・著、1988年12月、JICC出版局

外部リンク[編集]