V・M・バット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
V・M・バット
V・M・バット、オリッサ州ブバネーシュワル
基本情報
別名 Vishwa Mohan Bhatt
出生 1950年7月27日(63歳)
インドの旗 インド ラージャスターン州ジャイプル
ジャンル インドの伝統音楽ヒンドゥスターニー音楽
職業 モハーン・ヴィーナ/スライドギター奏者
担当楽器 モハーン・ヴィーナ
活動期間 1965年 -
公式サイト 公式サイト

{{{Influences}}}

V・M・バットVishwa Mohan Bhatt、1950年7月12日 - )は、インドスライドギター奏者で、モーハン・ヴィーナを発明した[1]ヒンドゥスターニー音楽を演奏し、1994年のグラミー賞を受賞した。

バットの代表作は、ライ・クーダーと共演してグラミー賞を獲得したアルバム『A Meeting by the River』である。また、タジ・マハールベラ・フレックジェリー・ダグラスといった西洋のアーティストとコラボレーションしていることでも知られる。2004年にはエリック・クラプトンが主催したクロスロード・ギター・フェスティヴァルに出演した。

1998年にはサンギート・ナータク・アカデミー賞を、2002年にはパドマ・シュリ勲章を受章した[2][3]

フォーク・ミュージシャンのハリー・マンクスは、モハーン・ヴィーナを演奏する。なお、マンクスはバットと息子のサリル・バットの下で5年間学んだ。カウンティング・クロウズマット・マリーはバットの友人で、モハーン・ヴィーナを演奏する。オーストラリアのミュージシャンのローリー・ミンソンもモハーン・ヴィーナをバットから学んだ。

私生活[編集]

V・M・バットはインドラージャスターン州ジャイプルで生まれ育ち、妻と2人の息子と暮らしている[4]。長男のサリル・バットもモーハン・ヴィーナ奏者でアルバム『Slide to Freedom Part II』はカナダのジュノー賞にノミネートされたことがあり、次男のソーラブ・バットは著名な作曲家である。孫のサトヴィック・バットもミュージシャンで、3歳半で45のラーガをモハーン・ヴィーナで演奏してリンカブックに世界記録として掲載された。バットの両親は息子に対して音楽教育を施し、演奏家でもあった[5]

弟のヘマント・バットも著名な音楽家で、ラージャスターン州ビーカーネールで暮らしている。彼はグワーハーティーシロンなど世界中をずっと旅し、インドのクラシック音楽のレベル向上に貢献した。

甥であるクリシュナ・バットは、シタールタブラの奏者である。

ワルシャワで演奏するV・M・バット(2009年9月)

ディスコグラフィの一部[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]