Transifex

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Transifex
Transifex Logo.png
URL https://www.transifex.com
タイプ ローカライズクラウドソーシング
登録
使用言語 英語他12言語
運営者 Transifex, Inc.
設立日 2009年6月

TransifexはWebベースの翻訳プラットフォームであり、ローカライズ管理システムとしても知られている。 ソフトウェア、文書、Webサイトなど頻繁に更新されるコンテンツと技術的なプロジェクトを対象とし、開発者が使用するツールと統合することにより翻訳ワークフローを自動化している[1]。 有料機能とオープンソースプロジェクト用の無料アカウント機能の両方をSaaSとして提供している[2]

サイト内では翻訳者が共同作業できるようにするために翻訳対象のファイルホスティングや、フィード、掲示板投稿、翻訳提案や投票などのソーシャル・ネットワーキング・サービスとしての機能が利用できる。 サイトはDjangoPythonで構築されている。

ワークフロー[編集]

利用者はプロジェクトを作成後、翻訳チームを作成するか管理者を指定する。 プロジェクト作成者か管理者がファイルをアップロードした時点で翻訳開始の準備が整い、 翻訳完了後に手動でダウンロードするか、クライアント側の機能を用いて出力できる[3]

利用例[編集]

Pinterest[4]Eventbritereddit[5]DjangoFedoraMeeGo[6]Creative CommonsMercurialXfce[7]、その他多くのオープンソースプロジェクトが含まれる。RPMYumPackageKitMidnight Commander等。

脚注[編集]

  1. ^ Transifex Help pages”. 20111109閲覧。
  2. ^ Transifex Plans”. Transifex. 20120124閲覧。
  3. ^ Transifex Client documentation”. 20130603閲覧。
  4. ^ Pinternationalization blog post by Dave Dash
  5. ^ Reddit Announcement of the switch to Transifex.
  6. ^ http://meego.com/
  7. ^ http://translations.xfce.org/

外部リンク[編集]