Skinny Call Control Protocol

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TCP/IP群
アプリケーション層

BGP / DHCP / DNS / FTP / HTTP / IMAP / IRC / LDAP / MGCP / NNTP / NTP / POP / RIP / RPC / RTP / SIP / SMTP / SNMP / SSH / Telnet / TFTP / TLS/SSL / XMPP

カテゴリ
トランスポート層

TCP / UDP / DCCP / SCTP / RSVP

カテゴリ
ネットワーク層

IP (IPv4, IPv6) / ICMP / ICMPv6 / IGMP / IPsec

カテゴリ
リンク層

ARP/InARP / NDP / OSPF / SPB / トンネリング (L2TP) / PPP / MAC (イーサネット, IEEE 802.11, DSL, ISDN)

カテゴリ

Skinny Call Control ProtocolSCCP または Skinny)とは、Selsius Systems英語版が開発したプロプライエタリな端末制御プロトコルである。1998年にSelsius Systemsがシスコシステムズに買収されてからは、同社の管理下に置かれている。

SCCPは軽量なセッション制御プロトコルであり、主に同社の統合コミュニケーションプラットフォームCisco Unified Communications Manager英語版IP電話において用いられる。[1][2] SCCPクライアントの例としては、Cisco 7900シリーズのようなIP電話やCisco IP Communicator softphone、それに802.11bを用いる無線IP電話の7920、またCisco Unity voicemail serverがある。Cisco Unified Communications Managerは、H.323SIP、それにISDNMGCPといったその他の一般的なプロトコルとやり取りするためのシグナリングプロキシとしての機能を持つ。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]