SMFGカード&クレジット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社SMFGカード&クレジット
SMFG Card & Credit, Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 FGCC
本社所在地 東京都千代田区有楽町1-1-2
設立 2008年10月1日
業種 その他金融業
事業内容 子会社及び関連会社の経営管理等
代表者 中西智
(2012年6月26日現在)
資本金 253億07百万円(2011年1月28日現在)
発行済株式総数 2万2349株(2009年9月30日現在)
営業利益 △5830万円(2009年3月期)
純利益 △169億7760万円(2009年3月期)
純資産 1232億5040万円
(2009年3月31日現在)
総資産 1232億6870万円
(2009年3月31日現在)
従業員数 31人(2009年9月30日現在)
決算期 3月31日
主要株主 三井住友フィナンシャルグループ 100%
主要子会社 株式会社セディナ 100%
三井住友カード株式会社 66%
外部リンク 公式サイトなし
テンプレートを表示

株式会社SMFGカード&クレジット(エスエムエフジーカードアンドクレジット)は、株式会社三井住友フィナンシャルグループ傘下のクレジットカード事業の中間持株会社

概要[編集]

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)傘下のカード会社としては、以前から株式会社三井住友銀行(SMBC)子会社[1]三井住友カード株式会社(SMCC)があった[2]。2007年4月に、株式会社セントラルファイナンス(CF)および同社が筆頭株主の株式会社クオークと提携。翌5月には、CFが三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)を離脱し、三井住友フィナンシャルグループ入りした。2008年2月には、株式会社オーエムシーカード(OMC)株式を筆頭株主のダイエーから取得し、グループ会社化した。SMFGは傘下に4社のカード会社を抱えることとなったことから、グループのカード事業について統一的戦略およびスケールメリット(規模の利益)を図るために、中間持株会社の株式会社SMFGカード&クレジット(FGCC)を設立して、同社の下で統合することにした。

沿革[編集]

  • 2007年4月27日 - SMFG、SMBC、SMCC、CF、クオーク、三井物産の6社がコンシューマーファイナンス事業における戦略的資本業務提携を締結。
  • 2007年5月14日 - CFが、SMFG、SMBC、三井物産の3社を相手方として第三者割当増資と、SMBCと三井物産の2社に対する無担保転換社債型新株予約権付社債の発行を実施。
  • 2007年6月7日 - SMBCがCF社債の転換(新株予約権行使)を行い、CFはSMFGとSMBCの持分法適用関連会社(持株比率合計で23.6%)となる。
  • 2008年2月8日 - SMBCが、ダイエーからOMCの株式27.72%を取得し、OMCの筆頭株主(32.62%)となる。
  • 2008年2月29日
    • SMFG、SMBC、SMCC、CF、OMC、クオークの6社がクレジットカード事業についての戦略を合意。
    • CF、OMC、クオークの3社が合併の基本合意を締結。
  • 2008年10月1日 - SMFGが、株式会社SMFGカード&クレジット(FGCC)設立。
  • 2008年10月14日 - OMCがSMFGに対して第三者割当増資および転換社債型新株予約権付社債の発行を実施し、SMFGの持株比率が48.6%となる。
  • 2008年12月1日
    • SMBCが、SMCC、CF、OMC、クオークの4社に関する事業について会社分割を実施し、FGCCに吸収させる。
    • SMFGが、FGCCに対して簡易株式交換を実施し、会社分割によりSMBCが取得したFGCCをSMFGに移転させ、FGCCをSMFGの完全子会社に戻す。
    • SMFGが、SMCC、CF、OMC、クオークの4社に関する事業について簡易吸収分割を実施し、FGCCに吸収させる。
  • 2009年4月1日
    • OMC、CF、クオークの3社が合併し、株式会社セディナとなる。
    • SMFG保有のOMC社債の転換が行われ、セディナに対するSMFGの持株比率が48.8%となる。
  • 2010年5月31日 - 株式会社セディナが実施する約500億円の第三者割当増資を引き受け、セディナに対する持株比率を67.49%として子会社化。
  • 2011年5月1日 - 株式会社セディナとの間で、SMFG株式を交付する形式の株式交換三角株式交換)を実施し、同社を完全子会社化。

傘下となる会社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 持株会社化に伴い、三井住友カード株式会社は、2003年2月以降は株式会社三井住友フィナンシャルグループの子会社である。
  2. ^ 三井住友カード株式会社のほかに、さくらカード株式会社も三井住友銀行の子会社であるが、同社はJCBとの提携カードの発行会社であり、VISAマスターカードブランドのカード(三井住友VISAカード・三井住友マスターカード)を発行している三井住友カードとは統合されず、2014年6月2日、2016年を目途にセディナと合併することが決まった。これに伴い、三井住友銀行のキャッシャカード一体型クレジットカードもJCBブランドは2014年7月発行分からセディナの発行となる。

外部リンク[編集]