POWER2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
POWER2
生産時期 1993年から
設計者 IBM
生産者 IBM
CPU周波数 55MHz  から 160MHz (P2SE) 
命令セット POWER (32ビット)
コア数 1
テンプレートを表示

POWER2(パワーツー)は、IBMが設計・製造した、POWER命令セットアーキテクチャを持った、マルチチップのマイクロプロセッサである。POWER2はPOWER1の後継として1993年に登場した。1994年には改良版のPOWER2+(パワーツープラス)が、1996年にはPOWER2後継でシングルチップのP2SC(POWER2 Super Chip)が登場し、1998年には更に後継のPOWER3に置き換えられた。

概要[編集]

POWER2の当初の名称はRIOS2で、1993年8月にIBM RS/6000システムに搭載されて登場した。POWER2は発表時点では、Alpha 21064を凌駕した、最速のマイクロプロセッサだった。しかし1993年にAlpha 21064Aが発表されると2番目となった。IBMは62.5 MHzのPOWER2の性能を、SPECint92 で 73.3、SPECfp92 で 134.6 と主張した。


POWER2+[編集]

POWER2の改良版はトランザクション処理に最適化され、1994年5月にPOWER2+として発表された。トランザクション処理のワークロードは、追加された512KB、1MB、2MBの容量のL2キャッシュの恩恵を受けた。

P2SC[編集]

P2SC (POWER2 Super Chip)は、1996年にPOWER2の後継としてリリースされた。8チップであったPOWER2の、1チップでの実装であり、IBMの0.29 μm 5層 メタル CMOS-6S 製造プロセスによる、335 mm2 のダイ上に、15 百万トランジスタを集積した。 最初のバージョンは、71.5 MHz の POWER2 の約2倍である、120 または 135 MHz で稼働し、メモリおよびI/Oバスは更に高いクロックを柔軟にサポートするように半分の速度で稼働した。IBMはこのバージョンの性能を、SPECint95_base で 5.5、SPECfp95_base で 14.5 と主張している。

1997年10月のMicroprocessor Forumでは、0.25 μm CMOS-6S2 プロセスで製造された、更に高速な 160 MHz バージョンが発表された。

P2SCはPOWER2の完全なコピーではなく、L1データキャッシュとデータ用トランスレーション・ルックアサイド・バッファ(TLB)の容量は、128KBと256エントリーに半減されていた。

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Arimilli, Baba et al. (1994). "POWER2 instruction cache unit". IBM Journal of Research and Development, vol. 38, no. 5. pp. 537–543.
  • Ball, Richard (15 October 1997). "Chipville USA". Electronics Weekly.
  • DeTar, Jim (22 August 1994). "IBM details Power2+; DEC bares new Alpha AXP". Electronic News.
  • Gwennap, Linley (4 October 1993). "IBM Regains Performance Lead with Power2". Microprocessor Report.
  • Gwennap, Linley (26 August 1996). "IBM Crams POWER2 onto Single Chip". Microprocessor Report.
  • Hicks, Tony N.; Fry, Richard E.; Harvey, Paul E. (1994). "POWER2 floating-point unit: Architecture and implementation". IBM Journal of Research and Development, vol. 38, no. 5. pp. 525–536.
  • Lineback, J. Robert (28 June 1993). "IBM readies RISC Progeny in Unix". Electronic News.
  • Shippy, David (9 August 1994). "The Power2+ Processor". Hot Chips 6.
  • Shippy, D.J.; Griffith, T.W. (1994). "POWER2 fixed-point, data cache, and storage control units". IBM Journal of Research and Development, vol. 38, no. 5. pp. 503–524.
  • Statt, Paul (January 1994). "Power2 Takes the Lead--For Now". Byte.
  • White, Steven W.; Dhawan, Sudhir (1994). "POWER2: Next Generation of the RS/6000 Family". IBM Journal of Research and Development, vol. 38, no. 5. pp. 493–502.