PAPR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

PAPR: Power Architecture Platform Reference)は、2006年Power.orgにより提唱された、Powerアーキテクチャ技術をベースとした、新しいオープンなコンピュータ処理の基盤を作るためのイニシアチブである。

PAPRは1990年代に作られた以前の2つの試みであるPRePおよびCHRPの後継であり、The PAPR specification (PAPR仕様)はLinuxオペレーティングシステムを稼働させる標準的なPowerアーキテクチャのコンピュータの開発基盤を提供する。PAPRはPower.orgの活動であり、過去にIBMがPRePで行ったのと同様に、一定の要件を満たすハードウェアソフトウェアファームウェアの制定を行っている。実際にはPAPRは、Genesiにより開発されたOpen Firmware仕様の拡張であり、それによりPAPRマシンは市販のPC周辺機器や増設カードの利用が可能になるという優位を得た。

Power.org の分科会をリードするWind River Systemsは、ePAPR[1]として知られる組み込みの仕様を、2007年の第4四半期に向けて作成している[2]

準拠製品[編集]

参照[編集]

  1. ^ Wind River Joins Power.org Community
  2. ^ Power.org Debuts Specification Advances and New Services At Power Architecture Developer Conference

関連項目[編集]

外部リンク[編集]