IBM ViVA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ViVA(英:Virtual Vector Architecture、ビバ)とは、複数のスカラー型FPUをグルーピングして、1つのベクトルプロセッサのように稼動させる、IBMの技術である。ViVA-2はその第2世代である。

概要[編集]

特定のコンピューティングタスクは、1つの命令が1時点では1片のデータしか操作できないスカラー方式より、1つの命令で複数の要素を同時に操作できるベクトル方式の方が、より効率良く扱える。この種の技術は科学技術計算で多く見られ、先駆者であるクレイ日本電気地球シミュレータなどのベクトル方式のスーパーコンピュータがあるが、これに対するIBMの回答がViVAであった。

ViVAは、IBMとNational Energy Research Scientific Computing Centerにより、8つのデュアルコアPOWER5プロサッセーを使用して、約60-80GFLOPSのコンピューティングパワーを持つ1つのベクトルプロセッサーを構成するブループラネットプロジェクトの中で、開発・実装された。ViVA技術はASC Purpleスーパーコンピュータで使用された。

ViVAはハイエンドのPOWER5ベースのシステムではソフトウェアによる実装であったが、第2世代のViVA-2POWER6プロセッサのハードウェアにより直接サポートされた。

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]