PCオープン・アーキテクチャー推進協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

PCオープン・アーキテクチャー推進協議会(OADG)は日本でPC/AT互換機の普及活動を行った団体である。OADGは、英文表記「The PC Open Architecture Developers' Group」の頭文字である。

始まり[編集]

1991年3月、発足。

発足当時、日本のパーソナルコンピュータ市場は、NECPC-9800シリーズの独擅場であった。他社は、それぞれ独自の仕様やAX規格のパソコンで市場への食い込みを図っていたが、PC-9800シリーズの牙城を崩す事ができず、苦戦していた。

そこに 1990年に日本IBMDOS/Vを引っさげて、OADGの立ち上げを各社に働き掛け、誕生した。当初は、弱者連合などとも揶揄されていたが、MS Windowsの普及と重なった事もあり、ついにPC-9800シリーズの牙城を崩す事に成功した。

正会員(PCメーカー)の他、AP会員(アプリケーション・プロダクト会員。アプリケーションソフトウェアメーカー、周辺機器メーカーなど)があった。

OADGは、OADGテクニカル・リファレンスやOADGカタログ(ハードウェア・ソフトウェアの一覧)の発行や、OADGセミナーやOADGフェスタの開催など、標準化と普及活動を行った。ベースのハードウェアはPC/AT互換機であり、オペレーティングシステムDOS/Vの他、英語版のPC DOSやMS-DOSMS Windows、更にはOS/2が追加され、2000年にはLinux分科会も発足された。

2003年にはOADG 109AキーボードがJIS参照キーボードとして公示され、日本語キーボードとして名実ともに標準化された。

しかしながら、現在は役目を終え、2004年9月に休会を宣言し、事務局を残してメインテナンス作業を行っている。

目的[編集]

ソフトウェアの流用性を高めるため、各社のバラバラな仕様を共通化しようというのが、目的として掲げられているが、その仕様は事実上「JIS型 106キーボード」(通称「OADGキーボード」。後には109キーボード [1])と呼ばれるキーボード一本化の功績を除けば、PC/AT互換機その物にDOS/Vを搭載したものである。

しかしながら企業及び政府・公共団体の調達仕様がOADG仕様と指定されていることも多いことを考えると、事実上の日本でのPCの規格を策定した。『協調と競争 OADGの軌跡』という書籍が出版されている(www.OADG.or.jpから閲覧できる)が、大多数のPCメーカが日本PCマーケットを真剣に考えて呉越同舟で活動できた珍しい例である。

正会員[編集]

※2003年当時

参照[編集]

  1. ^ OADG 109Aキーボード(テクニカルリファレンス抜粋)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]