Mdm2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mdm2, transformed 3T3 cell double minute 2, p53 binding protein (mouse)

Mdm2の溶液中構造[1]
Available structures
PDB Ortholog search: PDBe, RCSB
識別記号
記号英語版 MDM2; HDMX; MGC71221; hdm2
その他ID OMIM英語版164785 MGI英語版96952 HomoloGene英語版1793 GeneCards: MDM2 Gene
RNA発現パターン
PBB GE MDM2 205386 s at tn.png
PBB GE MDM2 211832 s at tn.png
PBB GE MDM2 217373 x at tn.png
その他参照発現データ
オルソログ
ヒト マウス
Entrez英語版 4193 17246
Ensembl英語版 ENSG00000135679 ENSMUSG00000020184
UniProt英語版 Q00987 Q2L9A9
RefSeq (mRNA) NM_002392 NM_010786
RefSeq (protein) NP_002383 NP_034916
Location (UCSC) Chr 12:
67.49 - 67.52 Mb
Chr 10:
117.09 - 117.11 Mb
PubMed search [1] [2]

Mdm2とは、抑制作用を有するp53の活動を抑制的に調整する遺伝子である。Mdm2遺伝子の名前は、その遺伝子が合成するタンパク質と同じ名前の遺伝子である。Mdm2タンパク質は、p53がん抑制遺伝子n末端トランスアクティベーションのドメインを認識するE3ユビキチンリガーゼとp53の転写活動の阻害の両方に機能する。

脚注[編集]

  1. ^ Uhrinova S, Uhrin D, Powers H, et al (2005). “Structure of free MDM2 N-terminal domain reveals conformational adjustments that accompany p53-binding”. J. Mol. Biol. 350 (3): 587–98. doi:10.1016/j.jmb.2005.05.010. PMID 15953616. 

関連項目[編集]