二重微小染色体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

二重微小染色体(にじゅうびしょうせんしょくたい、Double minute)あるいはダブルマイニュート染色体は、染色体外DNAの小断片であり、乳癌肺癌卵巣癌大腸癌、そして特に神経芽細胞腫など多数のヒト腫瘍で観察される。これらは、腫瘍成長の間の遺伝子増幅の兆候であり、細胞の成長と生存に優位を与える。また、これらは、薬剤耐性に関わるがん遺伝子遺伝子を匿っている。

二重微小染色体は、実際の染色体のようにクロマチンから構成されており、細胞分裂の間に細胞内ので複製される。典型的な染色体とは異なり、せいぜい数百万塩基対までの環状DNA断片から構成されており、セントロメアテロメアを持たない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • Mdm2 - Murine double minute 2